FC2ブログ
2020.05.26(Tue):駅探訪

[ 筑肥線 肥前長野駅 ]
肥前長野駅202003(2)
5月25日、緊急事態宣言が全面的に解除されました。
LMも徐々に撮影を再開する予定ですが、本格的な再開は都道府県をまたぐ移動が容認される6月19日以降になりそうです。
この時期恒例の伯備線撮影も行けたらと思っていますが、まだまだ油断のできない状況なので、慎重に行動したいです。
ただ、それ以前の問題として、仕事があまりに忙しくて土日も動けるか分からないのが問題ですが(汗)。

肥前長野駅202003(1)
本日の写真は、以前撮影していた筑肥線の肥前長野駅です。
以前は腐食が激しい状態でしたが、2015年に修理が行われました。→その当時の記事
その際、中央下段(上記リンク先の記事参照)の板張りが3段ほど新しい板張りに変わりました。
その時は新しい部分が目立ちましたが、5年にわたり風雨にさらされた結果、他の部分とあまり違いない色になってきました。
私は今、木造駅舎の板張りが年季を経て「熟成」されていく時間を見守っているのかもしれません。

肥前長野駅202003(4)

肥前長野駅202003(3)
ずっと以前は、駅舎内は不用品のようなものが詰め込まれ、あまり良い環境とはいえませんでしたが・・・。
近年、駅舎内は清掃が行き届き、木造駅舎の美しいたたずまいを見せてくれます。

肥前長野駅202003(5)
定番の長椅子。
LMは、仕事等で疲れると、仕事帰りに時折この椅子に座りにきていました。
仕事に疲れた時でも、この椅子に座ると不思議と疲れが癒えていくのを感じたものです。
最近は肥前長野駅にも行っていませんが、いつか機会を見つけて行ってみたいです。



スポンサーサイト



2020.05.19(Tue):雑記
(本日の写真は全て過去写真です)

三井化学専用鉄道(5)
三井化学専用鉄道三井化学専用線)が5月7日、廃止された。

三井化学専用鉄道(3)

三井化学専用鉄道(22)
ここ最近、大牟田専貨こと1151レ(後に8151レ)は時々撮影していたものの、三井化学専用鉄道――そこを走る炭鉱列車――は撮影できていなかった。
このため、今年は久々に大牟田まで出向いて炭鉱列車を撮ろう、と年初から考えていたのだが・・・。
ちょうど行く計画を立てた直後にコロナ渦による自粛モードになり、そして専用線の廃止が発表された。

三井化学専用鉄道(15)

三井化学専用鉄道(32)
しかし、他の機会に・・・。
最初に三井化学専用鉄道のことを記事にしてから数年が経ち、訪問する機会は何度もあったはずだった。
だが、時間が取れなかったり、天気が悪かったり、別の撮影だったりと、なかなか都合が合わず、結局後回しになってしまった。

三井化学専用鉄道(36)

三井化学専用鉄道(28)
今にして思えば、三井化学専用鉄道に全く行けなかったわけではなかった。
ただ、距離的にも近く「撮ろうと思えばいつでも撮れる」という変な安心感があったため、優先順位を下げていたのが災いした。
だが、コロナの猛威により全国的な外出規制とという想定外の事態が、いつでも撮れるはずの機会を永遠に失わせた
その結果、撮影の機会がないまま、廃止の報をネットで見届けるしかなかった。
後悔先に立たず」とはこのことだろう。

三井化学専用鉄道(31)

三井化学専用鉄道(29)
撮れる時に撮っておかなかったことは後悔しかない。
しかし、ほんのわずかでも、この路線にふれ、撮影した機会に恵まれたことは素晴らしい思い出だったと思う。
炭鉱列車には、長きにわたりお疲れ様と言いたい。


そして、ここでも書いた「今を撮影し記録することの大切さ」という言葉の重さを、改めてかみしめることになった。
何気ない一コマでも、過去には大切な思い出となることがあるから・・・。
今の光景を、記録に残すことをこれからも続けていきたい。



2020.05.13(Wed):雑記

フラワームーン(1)
自粛モードにより鉄道写真が全く撮れず(&業務多忙で)、ストレスフルなLMです。
今年はGWも仕事で過ごしたため、精神的なゆとりが0です(><)
本当に、早くコロナは終息してほしいものです。

フラワームーン(2)
5月7~8日にかけては満月フラワームーン)でした。
今さら感は満載ですが、他に写真もないので、掲載することにしました。
雲一つない満月だったこと、何でもいいから写真を撮りたいと思ったことから、久々の満月撮影となりました。
何分、最大300mm程度のレンズしか持ちませんので、あまりきれいに撮れたとは言えませんが・・・。
ティコと呼ばれるクレーターや、海(晴れの海静かの海など)と呼ばれる陰の部分などが分かり、個人的には満足しました。



2020.05.02(Sat):桜情景

[ 筑肥線 肥前久保駅 ]
肥前久保の桜2020(1)

肥前久保の桜2020(2)
ご無沙汰続きのLMです。
自粛続きのため、仕事と買い物しか外に出る機会がなく、だいぶストレスが蓄積しています・・・。
仕事の方は相変わらず多忙でして、GWも仕事です(汗)。
まあ、休みになったところで何処にも行けないので、別にどうでもいいとなげやりな気持ちになりつつありますけど。
ただ、精神的にはだいぶ疲弊してます。

肥前久保の桜2020(3)

肥前久保の桜2020(4)

肥前久保の桜2020(5)
今日紹介するのは、3月末(駒鳴駅の撮影と同日)、筑肥線肥前久保駅を撮影したときのものです。
ここの桜も、華やかな咲きぶりを見せてくれていました。
今となっては、この時少しでも撮っておいて良かったと思います。




2020.04.20(Mon):桜情景

[ 唐津線 厳木駅 ]
厳木駅の夜桜202004(1)
ついにコロナ渦全都道府県に緊急事態宣言が発令されるまでになりました・・・。
比較的遠出をすることが多かったLMも、今ではほぼ職場と家の往復のみとなっています。
その一方で、仕事は多忙を極めており、土日出勤もザラのため、肉体的にも精神的にもだいぶ消耗しています・・・。
それらの事情により、現在、ブログの記事更新へ回す余力がなかなかありません。すみません(汗)。

厳木駅の夜桜202004(4)
先日、仕事(出張)の帰り際に、厳木駅に立ち寄ってみました。
カメラを手に取るのも久しぶりな状況でいろいろ失敗しましたが、厳木駅の夜桜を撮ってみました。
なお、周囲の状況からして”三密”はありえませんでしたが、こういう時期ですので撮影は手短にすませました。
※なお、撮影は全都道府県への緊急事態宣言前です。

厳木駅の夜桜202004(2)

厳木駅の夜桜202004(3)
厳木駅の桜は、給水塔の遺構とセットになっています。
毎年思いますが、この給水塔と桜はまるで夫婦のようですね。
見守っているとこちらも心が安らぎます。
仕事仕事でかなり滅入っていましたが、わずかな撮影時間にこちらもかなり癒やされました。
どうか、この“2人”がいつまでも仲睦まじくありますように。