FC2ブログ
2019.11.21(Thu):廃線探訪

[ 旧深名線 沼牛駅跡 ]
令和初の北海道(37)
前回も少し触れたが、2017年にもLMは沼牛駅を訪問していた。
沼牛駅には木造駅舎が残されていたが、これは地元の蕎麦農家の方が単独で維持されていたという。
この駅舎を受け継ぎ、地元の「おかえり沼牛駅実行委員会」のグループがクラウドファンディングで改修費用を集め、往年の姿を蘇らせたのだった。

令和初の北海道(42)
今回、訪問してみて、ふと妙なことに気付いた。
何やら人だかりができているし、車も多いし、露店みたいなものが出ている。
よく見ると、以前は閉鎖されていた駅舎も今日は開放されているではないか。

令和初の北海道(38)
話を聞いてみると、イベント中らしく、流しそうめんならぬ「流し蕎麦」が(無料で)振る舞われており、LMたちにも「どうぞ」と勧めていただいた。
ちょうど昼時で、Kと昼御飯の相談をしていたところだったので、これは願ってもないことだった。
「流し蕎麦」は初めて食べたが、流石に地元の特産だけあってコシがあり、とても美味しかった。
(食べるのに夢中で、蕎麦が流れているところを撮るのを忘れた・汗)

令和初の北海道(40)
駅の撮影に戻る。
前回は撮れなかった駅舎内についても、今回は撮影できた。
昭和の面影をよく残す、良い感じの駅舎だった。

令和初の北海道(39)

令和初の北海道(41)
中だけ見ていると、現役の駅舎にしか思えない。
なまじ綺麗に片付いておらず、生活用品が散らばりゴタゴタしているところが現役らしい印象を強くしているように思う。

令和初の北海道(43)

北海道旅行201908(5)
相変わらず雲は多かったが、沼牛駅では割と晴れ間が広がった。
青空の下で見る沼牛駅の駅舎は、一際美しかった。

令和初の北海道(44)

令和初の北海道(45)
ホーム側に回ると、線路が剥がされているので急に現実に引き戻される。
しかし、咲き誇る蕎麦の花がその現実を隠し、ひと時の幻を見せてくれる。
現役の頃もこうだったのだろうかと思えるほど幻想的な光景。
蕎麦畑の中に佇む駅は、廃駅であることを忘れさせるほど美しかった。



スポンサーサイト



2019.11.16(Sat):廃線探訪

令和初の北海道(35)
(「Google マップ」より)
北秩父別駅から、再び名寄を目指す旅に戻る。
ナビの目的地に「名寄」を定め、レンタカーで北海道の快適な道路を走り出す。
北秩父別駅で改善しつつあった天候はさらに回復し、青空が戻ってきた。
しかし、その道中、窓の外を流れる景色に何故か既視感を感じた。
最近物忘れの激しくなったLMの頭だが、ようやく過去の記憶を思い出した。
今走っている道は、6年ほど前に旧深名線の廃駅を巡った時と全く同じコースだったのだ。
ついでながら、2017年にも廃駅のひとつである沼牛駅に、やはり北秩父別駅を出発地として行ったことも思い出した。
さて、そうなると、久しぶりに旧深名線の廃駅巡りをしたくなるのがLMの悪い癖。
かくして、本来の目的地から離れ、想定外の深名線廃駅巡りが始まることになる。

[ 旧深名線 鷹泊駅跡 ]
北海道旅行201908(4)
6年前の記憶を頼りに、廃駅を探し求める。
まず着いたのは鷹泊駅跡
以前訪問した時とあまり印象は変わらなかった。
しかし、今回の方が天気が良い分、美しいと感じた。

令和初の北海道(33)
堂々たる木造駅舎は健在だ。
深名線が廃止されてもうすぐ四半世紀を迎えようとしている。
それでもまだ、現役の頃を彷彿とさせる駅舎を見れるのは感慨深い。
ことに、自然の厳しい北海道では尚更だ。

令和初の北海道(36)
現役の頃のこの駅を見たかったと思う。
堂々とした木造駅舎、そこに出入りしていた国鉄色の気動車・・・。
想像するだけでも胸が熱くなる。
最も、LMは深名線現役の頃に一度来ているのだが、乗りとおしであったため、駅の記憶はほとんどない。

令和初の北海道(34)
正面はほとんど変わりがなかったが・・・。
裏(現役時代のホーム側)は、かつてあったひさしがすっかりなくなってしまっていた。
以前訪問した時には既に崩落が始まっており、長くはないと思ってはいたが・・・。
時の流れというものを嫌というほどに感じる。
せめて、他の部分は長持ちして、深名線の記憶を留めていてほしいと願った。



2019.11.12(Tue):駅探訪

[ 留萌本線 北秩父別駅 ]
令和初の北海道(32)
北竜町ひまわりの里からLMは名寄に向かう予定だった。
しかし、その道中、少し寄り道すれば北秩父別駅に立ち寄れることが分かった。
計画にはなかったが、せっかくなので寄ってみることにした。

令和初の北海道(30)
北秩父別駅は周囲に人の気配もなく、とても静かな環境だった。
LMも安心して最愛の女性の遺影を出し、向き合うことができた。
そんなに長い時間居たわけではなかったが、とても長い時間に感じた。
それほどこの駅の居心地は良く、最愛の女性との会話も弾んだ。

令和初の北海道(31)
写真ではあまり分からないが・・・。
北竜ではぶ厚い雲に覆われて少しも出なかった太陽が、雲の隙間からわずかにのぞき始めた。
ひまわり畑も決して悪くはなかったが、聖地たる駅はそれ以上に心地よかったということなのだろう。
ここからLMの旅路は、思わぬ方向に走り出すことになる。



2019.11.05(Tue):山口線(SL関連)

[ 山口線 宮野-仁保間 ]
SLやまぐち号20191103(3)
ここ最近、風景写真等が増えたため、当ブログの鉄分が不足気味・・・。
LMも深刻な鉄分不足に悩まされていた(- -;
煙も久しぶりにかがないと、欲求不満になってしまう・・・。
ということで、紅葉にはまだ早いが、山口線に行ってみることにした。

SLやまぐち号20191103(1)

SLやまぐち号20191103(2)

SLやまぐち号20191103(4)

SLやまぐち号20191103(5)
どこで撮影するか悩んだ挙句、おなじみの18.6kmポストで撮影するプランに落ち着いた。
結果として、この選択は正解だった。
この日のSLやまぐち号は、18.6kmポストに差し掛かると猛烈な爆煙とドレインを吐き出し、撮影しているこちらも興奮。
仕上げに空転も決めてくれた(苦笑)。


動画の方がより雰囲気が出ると思うので掲載。
しかし、何故か動画が大幅に圧縮されてしまったようで、原動画に比べ描写が大幅に低下してしまった(涙)。



2019.10.28(Mon):その他写真(非鉄)

長期間連載が滞り失礼しました。
前回の記事はコチラ

[ 北竜町ひまわりの里 ]
令和初の北海道(29)
行程2日目――。
LMたちを乗せたレンタカーは、白滝の地から北竜に向かう。
もう10年近く前、夏の北海道で、北竜町ひまわりの里に行き、そこのひまわりの里を見て感動した記憶がある。
今回の行先を検討していたとき、そのことをふと思い出した。
令和初でもあるし、最愛の女性も再訪を希望したので行ってみることになったのだった。

令和初の北海道(26)

令和初の北海道(25)
昼になると物凄く人が増えるので、思い切って早朝に行った。
幸い、そんなに朝早くから来ている人は少なく、静かにひまわりと向き合うことができた。
果てしなく広がるひまわり畑に見惚れた。

令和初の北海道(22)

令和初の北海道(23)
最愛の女性も、久しぶりに来たこの場所を喜んでくれた。
天気が良ければもっと良かったのだが・・・。
しかし、曇り空のしっとりしたひまわりも悪くはなかった。

令和初の北海道(24)

令和初の北海道(27)
最愛の女性と一緒に、ただただひまわり畑を見ていた。
それは、とても幸せな時間だった。
人がどんどん増える午前9時過ぎには撤退したので時間は短かったが、心落ち着く時間だった。