2018.06.12(Tue):山口線(SL関連)

[ 山口線 長門峡-渡川間 ]
やまぐち号201806(4)
9日、広島に用事があって出かけていたが、途中で急遽キャンセルとなった。
山口付近まで来ていてもったいなかったので、そのまま山口線撮影に切り替えた。
山口線では、本来、6月にはC57に牽引機が戻るはずだったが、調子が悪いとかで、D51が継続運転していた。
以前、重連で撮影して以来D51は撮っていなかったので、かえって好都合だった。
最初は長門峡だったが、煙が風で流れ、まるで暴れ龍のような有様に・・・。

やまぐち号201806(1)
ひいて撮影した分は、ある程度まともに撮れたと思う。
まばゆい緑の光景の中を走るSLは、一際美しかった。

[ 山口線 徳佐-船平山間 ]
やまぐち号201806(2)
徳佐の定番撮影地にて。
煙を出し忘れ、最後に「あ、いけね、煙を出さないと」と慌てて出した・・・
そんな感じのする煙のスカ具合だった。

[ 山口線 津和野-船平山間 ]
やまぐち号201806(3)
最後は白井の里にて。
豪雨による傷跡も癒え、すっかり整備された白井の里は、撮影ポイント(立ち位置)も増えアングルも豊富になったが、敢えて旧来の撮影地から撮ってみた。
徳佐でのスカを挽回する、今度は素晴らしい煙具合だった。
機会があれば、白井の里の他のアングルも試したい。



スポンサーサイト
2017.12.05(Tue):山口線(SL関連)

[ 山口線 長門峡~渡川間 ]
山口線D51(5)
11月26日はC57D51重連になる。
25日は用事で返しとなる9522レを撮れなかったが、この日も用事のため9522レは撮れない。
しかも、撮影者が恐ろしく多いため、まず追っかけは無理のため、ほぼ一発勝負だ。
どこにするか悩んだ末、重連の形態が分かりやすく撮れて、収容人員も多い長門峡で狙うことにした。
しかし、収容人員の多い長門峡でさえ、この日の人出は収まれきれなかった。
恐らく200人近くはいただろう。
LMたちは諸事情で出遅れたこともあり、定番の撮影位置では撮れず。
LMはやむなく横から撮るあまり面白味のないアングルになってしまった。
それでも、C57とD51の力強い走りが撮れて、少しは報われた。

(K撮影)
山口線D51(7)

山口線D51(6)
Kは、橋の下に回り込んだが、こちらは大正解だった。
重連の醍醐味をしっかり押さえてくれたと思う。

山口線D51(8?)
おまけ。
この日、長門峡に登場した謎のオート三輪
タラコ色のキハに不思議とよく似合う。
どこか郷愁を誘う光景だった。



2017.11.28(Tue):山口線(SL関連)

[ 山口線 宮野~仁保間 ]
山口線D51(3)
11月25~26日、山口線でD51が復活運転した。
山口線にD51が復活するのは44年ぶりとのこと。
25日にはD51がSL「やまぐち」号を単独牽引、26日にはC57とD51が重連で牽引するという、SLファンにはたまらない内容だ。
仕事が忙しいLMだが、何とか時間を作って山口線まで行ってみた。

山口線D51(4)

山口線D51(1)

山口線D51(2)
ここ最近、SL「やまぐち」号撮影の定番となりつつある18.6kmポスト
さすがに撮影者が多く、動くのもままならないほど三脚が立ち並んだ。
結果としては、残念ながら煙は若干スカ気味だった(涙)。
しかし、紅葉と一緒にD51を撮れたのだから良しとしたい。

(もう少しゆとりができたら、動画もアップしたいと思います)



2016.11.29(Tue):山口線(SL関連)

[ 山口線 宮野~仁保間 ]
山口線201610(1)
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
ここ最近、記事にするネタは十分にあるのですが、パソコンの挙動が不安定なため、なかなか更新できません。
現在、比較的安定してきましたが、今後も同様の理由により更新が遅れる可能性があります。
ご了承ください。

山口線201610(2)


本日ご紹介するのは、一カ月ほど前に撮影した「SLやまぐち号」です。
場所は恒例の18.6kmポスト
以前、この場所で空転する「SLやまぐち号」を撮影したことがありましたが、この日も同じような場所で派手に空転しました。
動画ではその様子がよく分かりますので、ぜひご覧ください。



2015.01.06(Tue):山口線(SL関連)

[ 山口線 宮野-仁保間 ]
津和野稲荷号2015(1)
近年、正月の恒例行事となっている「SL津和野稲荷号」撮影。
今年も3日に行ってきました。
前日は雪が降ってSLと雪の素敵な共演が見れたようですが、この日は気温が上がり、雪は大幅に溶けてしまっていました(涙)。
ただ、LMやKの車は冬用タイヤを装着していないので、あまりにも雪が降ると撮影自体に行けなくなるので、痛し痒しではあるのですが・・・。

津和野稲荷号2015(2)

津和野稲荷号2015(3)
今回は、LMお気に入りの撮影地18.6キロポストより少し仁保寄りの18.8キロポスト付近で撮影。
これまで、「SL津和野稲荷号」といえば、専ら C56 牽引だったのですが、今年は C57 牽引でした。
本来、C57 なら補機は不要なはずですが、昨年後半に何度か不具合があったためか、DD51がついていました。
とはいえ、この日は爆煙のうえにドレインが物凄く、撮影の位置加減もあって、DD51はほとんど見えませんでした(苦笑)。

津和野稲荷号2015(4)
手持ちで撮影していた縦写真はそれなりに撮れましたが・・・。
三脚に据え置いた横アングルの写真は、LMがカメラの設定ミスをしてしまい、肝心な位置で撮れず。
見事に爆沈になりました。゚(゚´Д`゚)゚。




P.S.

今週末の三連休、LMは新たな旅に旅立つ予定です。
つきましては、その準備で忙しいこと、また、年始の業務多忙のため、記事の更新はしばらくお休みします。
また、コメント等への返信も遅くなりますので、あらかじめご留意ください。