fc2ブログ

LM徒然草 ~駅と列車と情景と~

風情ある駅と自然豊かな鉄道、そして心に残る情景を求めて・・・

【2024北海道旅行記】ついにトラブル発生!


[ 宗谷本線 蘭留―塩狩間 ]
北海道旅行202301(77)

[ 函館本線 旭川駅 ]
北海道旅行202301(78)
道北から南下を続け、まずは道北方面のターミナルである旭川駅まで撤退した。
道中は強烈な睡魔に襲われ、ほとんどの区間で寝落ちしてしまった(汗)。
LMの乗車する列車は、宗谷本線を長駆する列車としては珍しく、少しの遅れもなく定刻通りに旭川まで到達した。
別行動でLMより先行するKからの連絡では、室蘭付近が大雪で、Kが乗る予定の列車は運休、リカバリープランを立てているとのこと。
しかし、旭川付近はそんな話が信じられないくらいの良い天気であった。

乗車した特急「ライラック」は、遅れもなく順調に札幌を目指していく。
途中まで天気は至って良好だった。
しかし、札幌に近づくにつれ、次第に天候は崩れ、札幌付近では大荒れになった。
北海道の広さを痛感する。


荒れ模様の天気のため、札幌駅は大混乱に陥っていた。
特に小樽方面は手稲付近で運転打ち切りとなっていたらしく、駅員がスピーカーで絶叫する声が響く。
朝のKの話もあったのでLMも流石に先行きを心配したが、駅員に確認すると今のところ函館方面の特急「北斗」は通常通り走っているらしい。
ホッとしたLMは、時間に余裕があったので駅弁を買い込んで特急「北斗」の客になった。

[ 特急「北斗」車中 ]
北海道旅行202301(79)

北海道旅行202301(80)
そろそろ疲労が限界領域に達しつつあったLMは、特急「北斗」についてはグリーン席を手配していた。
そのため、駅弁もゆっくり食べることができた。
購入した駅弁は「かに蟹!!! かに合戦」というもの。
「花咲ガニ」「紅ズワイガニ」「本ズワイガニ」を食べ比べられるという贅沢なカニ飯である。
流石に値段もそれなりにした(金額は記憶喪失)が、北海道に行ってもほとんど北海道名物を食べない(そもそも旅先では食費を最大限に節約、または食べずにカットする)LMとしては、これが最大限の贅沢であった。
普段、あまりカニを食べないし、それほど好きでもないLMでも、これは非常に美味しいと感じた。

北海道旅行202301(85)

北海道旅行202301(86)
腹が満たされたため、その当然の帰結として緩慢な睡魔が襲ってきた(先の食事をカットする理由はこれを防ぐためと、急な便意がないようにするため)。
室蘭の先の海景は見ておきたかったのと、途中駅の洞爺で降りるので寝過ごし防止のため何とか起きていようとするが、過労と睡眠不足からくる眠気は強烈で、LMを否応なく眠りに堕とそうとしてくる。
まあ、そもそも論としてくつろげて「どうぞ寝てください」という座席であるグリーン席にしてしまったのがいけなかったのかもしれないが・・・。

[ 函館本線 洞爺駅 ]
北海道旅行202301(81)

睡魔と激闘を続けた挙句、多少は体を休めつつも何とか洞爺駅では起きれた。
洞爺駅は何度か来たことがあるし、列車に乗ったまま見たこともある。
だが、そんな過去の記憶の中でも経験がないほど雪が積もっていた。
個人的には、海岸沿いというのはあまり雪が降るイメージがない。
しかし、やはりここは北海道なのだということを改めて感じる。


除雪モーターカー。
しばらく洞爺駅に停車していたが、豊浦駅方面に向かって走り去っていった。
やはり、だいぶ雪が積もっているようだ。

北海道旅行202301(87)
多少の遅れはあったが、LMを迎えに来た列車がやって来た。
遅れと言ってもそれほどたいしたことのない遅れで今後に影響は与えないと思っていたが・・・。

北海道旅行202301(82)
これまで何度も北海道に渡道しているが、今回初のH100形乗車になる。
これまでは、普通列車は全てキハ40、キハ54だけであったのだ。
乗車した後、なかなか出発しないと思っていると、雪の影響で次駅・豊浦駅でポイントが変わらない支障が起きているという放送が入った。
このため、函館方面の全ての列車が抑止されているという。
これにより、今後の全ての列車(特急含む)も遅延することが確定したのである。
鹿遅延などとは比較にならない、最悪のトラブルだった。
この先の旅路はどうなってましまうのか・・・。
LMはただ御守りと最愛の女性の遺影に祈りを捧げるしかなかった。



スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/02/29(木) 00:00:01|
  2. 鉄道旅行
  3. | コメント:0

【2024北海道旅行記】ひたすら北へ・・・


北海道旅行202301(29)
予定より早く着いた旭川駅で、食事と土産購入、切符手配を行う。
食事については、旭川駅にはイオンモールが隣接しており、フードコートもレストラン街もあるので困ることはない。
切符手配については、以前なら北海道フリーパスはJR九州でも手配できたので、時間を見つけて手近な駅に行けばよかった。
しかし、最近JR九州は北海道フリーパスを取り扱わなくなり、九州で買おうとすれば博多駅か小倉駅(新幹線の関係でJR西日本の切符販売コーナーがあるため)しかできなくなった。
最寄り駅は博多駅になるが、博多駅は九州で一番混雑する駅であり、窓口も激混みなので、北海道フリーパスのみ仕入れ、指定席の発見は北海道に行ってから行うことにしていた。

北海道旅行202301(31)
土産購入・・・と言っても家の土産ではない。
「自分で食べるため」それも列車内でのデザートとして供するためのものだ。
旭川土産、というか北海道土産の中で1、2を争うほど好きな菓子「き花を購入。
き花はおかしの種類ではアーモンドガレットという分類に入るもので、き花を漢字で書くと「霧花(きばな)」となり、歌人がダイヤモンドを表す言葉であるそうです。
一番ベースのホワイトチョコを始め、チョコ、ストロベリーなど味の種類も豊富です。

北海道旅行202301(32)
もう一つ欠かせないのが北海道のソウルドリンク「ガラナ飲料」。
写真のキリン「ガラナ」を始め、「コアップガラナ」等が北海道では定番です。
基本的に北海道限定商品ですが、LMは昔から大好きで北海道に渡道すると必ず4~5本は飲まないと気がすみません。
ある種の中毒のようなものです(苦笑)。
「ガラナ飲料」とは?という方はコチラ

北海道旅行202301(30)

北海道旅行202301(33)
好きな飲み物にお菓子を揃えて、特急「サロベツ」の客になったLMは幸せそのものでした。
しかし、列車は降りしきる雪やこの地域では毎度おなじみの鹿出現による減速、停止(実際、宗谷本線ではこの鹿による列車の遅れは当たり前に起こるものと考えておかないと、キツキツスケジュールでは乗り継ぎに失敗する恐れがある)により列車は遅れ出し、結果として20分ほど遅れてこの日のLMの最終目的地である天塩中川駅についた。

北海道旅行202301(34)
この日の宿は駅前にある「栄屋旅館」で宿泊。
鉄路で最北を目指すときには重要な拠点となる宿泊地のひとつ。
そのせいか、宿の人から「深夜に通過するラッセルを撮りに行かれますか?」と聞かれた。
流石にLMは休養しないと疲労と眠気がやばかったので、それは否定したが、普段からラッセルを始めとする鉄道関係の利用者が多いことは伺い知れた。
時間も随分遅いというのに、旅館の人には親切に対応していただいた。
ぜひ、また泊まりに来たい宿である。



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/01/30(火) 00:00:01|
  2. 鉄道旅行
  3. | コメント:0

【2024北海道旅行記】“黄金の神”との出会い

 
[ 函館本線 滝川駅 ]
北海道旅行202301(26)
タクシーはすぐに来てくれ、想定よりはるかに早く滝川駅に届けてくれた。
ありがとう、北星ハイヤー(唐突な広告

時間的にはだいぶ余裕が取れた(はず)・・・と思いながら駅に入ると「旭川行き特急カムイは間もなくホームに入ります」というアナウンスが流れ、LMは仰天し、慌てふためいてホームへと向かった
滝川―旭川間は元々短い区間なので自由席利用の予定であったから、切符に列車の時間も記載されていなかったし、スマホに記載していた行程表を見る猶予もなかったのである。
東滝川駅で乗り過ごしをやらかしてから、この日は精神的に落ち着きを失くしていたとしか思えない。

[ 函館本線 滝川駅 ]
北海道旅行202301(28)
何とか特急「カムイ」に滑り込んでほっと一息ついた後、改めて行程表を見ると、列車は自分が乗車する予定の列車ではないことに気付いた。
滝川駅の発車時刻が予定の時間よりも明らかに早い。
自由席だしどちらにせよ旭川行きなので別に問題はないのだが、「あれ? 先発のカムイなんてあったっけ?」と頭の中に「?」マークが乱舞している中、それを解決する車内アナウンスが流れてきた。
「この列車は。“臨時”特急カムイです・・・」
そう、どうやらLMは多客期の臨時特急に乗り合わせたらしい。
こうして、東滝川駅で列車を乗り過ごしたはすなのに、何故か本来の行程より先行しているという謎すぎる怪奇現象が発生したのだった。

北海道旅行202301(5)

北海道旅行202301(27)
乗車したときはバタバタしていて気付かなかったが、下車してみると自分の乗車した特急「カムイ」が、最近(12/19~)走り始めたばかりの希少な「ゴールデンカムイ」編成であることが分かった。
人気アニメを原作とした実写版とタイアップした企画で1編成だけ用意された希少な編成だった。
偶然、この編成に乗車したLMは幸運なのか何なのか・・・。
先頭部分のみとは言え、金色に輝くカムイは何とも言えない高貴さと美しさを帯びた列車であり、「ゴールデンカムイ」という名前にふさわしい列車だった。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/01/23(火) 00:00:01|
  2. 鉄道旅行
  3. | コメント:0

【2024北海道旅行記】新しき聖地を求めて

 .
[ 新千歳空港 ]
北海道旅行202301(7)
冬の渡航ということもあり、天候による遅延等を考慮し時間には十分すぎるほどの冗長性を持たせて行程は組んでいたが、実際に飛んでみると福岡空港で全員の乗り込みが早かったこともあり、まさかの早着(汗)。
先を急ぐ旅でもなかったが、余裕があるなら少しでも先に進んでおいた方が安心できる性分なので、先発の「エアポートライナー」をつかまえて乗ることにした。
※過去には自分の後を走る列車が車に衝突したり、たまたま先行の列車に間に合ったので乗ったら、後発(本来自分が乗る列車)が大雪に巻き込まれて立往生したりと色々経験しているので、その辺りは極端に慎重になっている・・・。

[ 函館本線 札幌駅 ]
北海道旅行202301(12)
予定より早く札幌までは着いたが、ここから先は先発列車に乗車してもあまり意味がない。
食事や買い物等でゆっくり過ごし、本来自分が乗るべき「ライラック」(指定席を取っていたので、変更が面倒だったというのもある)を待った。

北海道旅行202301(11)
久々に札幌駅で立ち食い蕎麦を食べた。
超個人的な感情としては、立ち食い蕎麦は旅の醍醐味だと思っている。
立ち食い蕎麦を食べると旅に出ている気がするからだ。
個人的には「山菜蕎麦」が一番の好物なので、これがメニューにある店では9割方頼んでいる。

[ 函館本線 滝川駅 ]
北海道旅行202301(13)
滝川駅にて「ライラック」を下車し、走り去っていく姿を見送った。
そして、ここから根室本線に乗り換え、新たな聖地探しの旅が始まる。




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2024/01/15(月) 00:00:01|
  2. 鉄道旅行
  3. | コメント:0

【2024北海道旅行記】心浮かぬ旅立ち

 
[ 函館本線 旭川駅(ゴールデンカムイ編成) ]
北海道旅行202301(5)[]
まさかの旅行記を始めることになりました 。
最近、記憶力の減衰も激しいので不安もありますが・・・。

[ 能登旅行の記憶 ]
能登の記憶(2)

能登の記憶(3)
まず、正直、今回の旅には批判等もあることは重々承知しています。
昨年LMも旅した能登半島を中心として新年早々に大規模な地震が起き、被害の全容さえ解明されないような状況、大勢の人が死傷しこの酷寒の中に避難を余儀なくされている人もいるそんな時に、それをよそ目に他人事のように旅に出るのは正しいのか否か?
LMもこれに悩み抜き、いったんはこの旅を中止にしようという方針に傾いたこともありました。

[ どんなに曇っていても、雲の上はいつも青空 ]
北海道旅行202301(6)
しかし、最愛の人の意見もあり、結果としては「自分が旅を中断しても能登半島を救うことはできない」という結論に至り、そのまま旅を続行することになりました。
LMが旅を中断することで、その分の様々なリソースが能登半島へ向かうなら、もしくは私自身が手助けに行けるなら旅行を中断しましたが、その何れも「」であったため、地震被害には相応の募金をすることにして、旅に出ました。
ただ、今回の旅に出るにあたってはそうした事情から多少の後ろ冷たさというか、腹の底にどす黒いモノを抱えているような気がして、あまり心の浮かない旅立ちとなりましした。

[  新千歳空港 ]
北海道旅行202301(7)
今回は、LMは珍しく福岡から新千歳空港への直行便を選んでいました。
例年は大体羽田経由の乗り継ぎ便を選択するLMとしては珍しい選択でした。
結果として、羽田空港を経由していれば、例の事故(羽田空港衝突事故)に影響を受けたかもしれないので、複雑な気分です。

北海道旅行202301(4)
福岡から新千歳空港に行く便は能登半島の上空を通りますが、LMにできることは手を合わせて祈ることしかありませんでした。
今回の地震被害者の冥福と、救いを待つ人が一人でも多くの人が助かるようにと。
そして、能登半島の一刻も早い復興を願って・・・。



テーマ:ごあいさつ - ジャンル:ブログ

  1. 2024/01/13(土) 00:00:01|
  2. 鉄道旅行
  3. | コメント:0
次のページ

このブログについて

LM

Author:LM
鉄道旅行が趣味(&気晴らし)のLMが、旅先で出会った駅を下手な写真と駄文で紹介するブログです。
2010年以降は鉄道写真も多くなっています。

[ 趣 向 ]
風情あふれる木造駅舎とローカル線、SLが大好き。都会近辺の路線はやや苦手です。
廃墟系の建物や独特の雰囲気の建物、美しい自然も愛でています。

[ 構 成 ]
基本的に、LMがメインです。
他に、高校時代からの友人にして、このブログの共同経営者・Kが一部の写真撮影を担当しています。Kは夜勤が多いので、平日昼間の撮影に重宝しています(笑)。
このほか、表立っては出ませんが、LMやKの知り合いの女性たちが黒幕?として存在してます。

[ 機 材 ]
LM:
・Nikon D500(メイン機)

K:
・Nikon D7200(メイン機)

これまでの下車客

多分、新しい記事・・・のはず

御意見箱

乗換案内

このブログをリンクに追加する

この駅の歴史

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中!

FC2Blog Ranking

↑クリックしていただけると嬉しいです。

検索フォーム

pictlayer

写真拡張表示機能

写真を拡大表示するプラグイン。クリックで簡単に写真を拡大(原寸表示)できます。お試しあれ!