2017.04.23(Sun):桜情景

[ 筑肥線 西相知駅 ]
西相知駅201704(1)
いつもご訪問いただき、ありがとうございます。
繰り返しになりますが、更新ができておらず申し訳ありません
また、コメ等のレスも極めて遅れており、心苦しい限りです。
前回の記事更新の後、平均睡眠時間3時間の無理がたたってか倒れてしまいまして……。
病院に搬送されたりして、てんやわんやでした。
復帰後も仕事や地元の役員等の仕事で目が回るほどの忙しさでして・・・。
ブログに向き合うどころかパソコン立ち上げるのもなかなか難しい情勢が続いています。
しかも、パソコンの調子もここのところ悪いですし(汗)。
このため、皆様方への訪問も“代役”にお願いしているような状況で、実際に私が見れているのは1週間に2~3回ほどになっています。
それでもブログは閉じたくないので、更新も細々と続けたいと思っております。
更新もレス返信も遅くなりますが、今後もお見守りいただけるとありがたいです。

西相知駅201704(4)
本日の写真は、西相知駅の桜です。
毎年、桜の季節のトリを飾ってくれます。
今年はどこも同じようなタイミングで桜が咲いたため、三江線以外はまもに桜の写真が撮れませんでした。
仕事が遅くなったため、夜桜もロクに撮れませんでしたし(涙)。
それでも、先の土曜日、病院巡りの合間に何とか時間を設けていってきました。

西相知駅201704(3)

西相知駅201704(2)
改修工事以来、なかなか来る機会もない西相知駅。
久々に訪問すると、やはり感慨深いものを感じます。
桜の花の舞い散る光景を見ているとき、不意に響いたR嬢の言葉。
「この駅のことを忘れないで――」
昔は事あるごとによく訪問したのに、最近はすっかりご無沙汰だった私に、この言葉はズキリと響きました。
あんなにも西相知駅を愛したR嬢の想いは、まだこの地にとどまっているのかもしれない。
それがこんなに可憐な八重の桜を咲かせているのかもしれない。
私はそっとつぶやきました。
「ごめん。また来るよ……」



スポンサーサイト
2016.07.08(Fri):桜情景

[ 筑肥線 西相知駅 ]
桜情景2016(49)

桜情景2016(48)
今回初めて撮影した西相知駅の桜。
待合室建て替え事件以降、あまり来ることもなかった西相知駅だが、久しぶりの訪問となった。
ここの桜も、かなり遅咲きの八重桜だが、ホームや線路から離れた場所にあり、フレーミングが難しいため撮影したことがなかった。
ところが、相互リンクいただいている「急行平戸51号」の伊万里保線区様が絶妙なフレーミングで撮影された写真を見て、衝撃を受けた(詳細はリンク先参照)。
こんな撮り方があったか!と感動すると同時に、自分でも撮影してみたくなってしまった。
そこで、今年初めて西相知駅の桜を撮影する次第となった。

桜情景2016(50)

桜情景2016(51)
西相知駅は、機会があって昼と夜と二回に分けて来ることができた。
昼の景色も悪くないが、やはり夜の幻想的な美しさに心をひかれた。
と同時に、こんなに美しい光景に、これまで気づかなかった自分が情けなく思えてきた。
西相知駅には、何度も訪問しているはずなのに・・・。
どんなに見慣れた駅でも、新しいアングルの発見はあるものだと痛感した撮影だった。



2016.07.05(Tue):桜情景

[ 唐津線 厳木駅 ]
桜情景2016(41)
厳木駅の桜撮影も毎年恒例だ。
ここの桜は、咲く時期が少し遅いため、撮影の都合がつけやすい。
もっとも、たいていは仕事が終わった後の撮影となるため、夜間撮影となることが多くなる。
今回も御多分にもれず、暗くなってからの撮影となった。

桜情景2016(43)

桜情景2016(42)

桜情景2016(44)
いつ見てもここの桜は美しいと思う。
ただ、光加減の問題から、木造駅舎と桜とを組み合わせることがなかなかできない。
自分の撮影技量のなさをいつも痛感する。

桜情景2016(45)

桜情景2016(47)

桜情景2016(46)
代わりに、駅に遺された給水塔と桜の組み合わせは、いつ撮影しても本当に絵になる。
撮影していていつも思うが、寄り添うように立つこの給水塔と桜は、まるで夫婦のように見える。
無骨な給水塔と、頬を染めたように色づく桜。
その組み合わせは、とてもお似合いのカップルに見えた。



2016.07.02(Sat):桜情景

[ 佐賀県武雄市若木町 ]
桜情景2016(38)
まだ【駅・桜情景】シリーズは続きますが、今日は番外編を。
駒鳴駅の桜撮影の合間に出かけたジラカンス桜をご紹介。
(鉄道とは関係なく、純粋に桜の撮影)

桜情景2016(39)
ジラカンス桜は、佐賀県武雄市若木町にある。
場所的には、川古ダムの上流にあたり、だいぶ山に入った所になる。
ジラカンス桜というと桜の品種のようだが、白観巣という地名からとられたものらしい(品種はヤマザクラらしい)。

桜情景2016(40)
今回はどこの桜も比較的満開に近い状態だったが・・・。
ここジラカンス桜もほぼ満開
池に映る桜の姿は圧倒的に美しく、特にライトアップされる夜は気高く気品のある趣を漂わせる。
この日は風も静かで、水鏡の美しさは際立っていた。
しかし、撮影場所的な問題もあり、完全な水鏡にはならなかった(涙)。
(ベストアングルは人が多過ぎ撮影は無理orz)
それでも、個人的にはお気に入りの写真となった。
以前は知る人ぞ知る桜だったが、ここも最近は有名になり、狭い山道に撮影者がズラリと並んでいて閉口した(汗)。
しかし、目の前の桜の神秘的なまでの美しさは、心を奪われるほどの魅惑的な光景だった。


2016.06.29(Wed):桜情景

[ 筑肥線 駒鳴駅 ]
駅・桜情景2016(36)

駅・桜情景2016(37)
夜の駒鳴駅にも行ってみた。
しかし、駒鳴駅のメインとなる2本の桜周辺には照明がないため、写真が撮りづらい。
何とか撮れた写真も、暗すぎるか、明るい部分が露光オーバーになるか、どちらかになってしまう。
結局、満足いく写真は撮れなかった。

駅・桜情景2016(32)

駅・桜情景2016(33)

駅・桜情景2016(34)

駅・桜情景2016(35)
代わりに、新しいアングルが見つかった。
こちらはメインの桜の反対側、つまり道路側に咲く桜を主体としたアングル。
これまでは小さくて存在感がなかったが、ここ数年で生長しそれなりの花づきが見られるようになった。
昼間はそれほどでもないが、夜撮影してみると、照明が当たる分撮りやすく、何より存在感が昼間とは段違いだった。
まだ木が小さいため、周りの景色と合わせやすいという利点もある。
今後はこちらの桜も(特に夜は)重点的に撮っていこうと思う。