2016.12.27(Tue):鉄道写真

[ 佐世保線 北方-高橋間 ]
ななつ星201612
最近、更新のたびにお詫びが恒例になってしまいました・・・。
ご無沙汰ばかりで本当に申し訳ありません。
最近は仕事、仕事で、ロクにカメラにさわってもいません。
イブもクリスマスも楽しいお仕事(死)。
「メリー苦リスマス!」でした(滝汗)。
仕事にやり甲斐は感じているのですが、さすがにキツいです・・・。

写真は、佐世保線の定番撮影地でとらえた「ななつ星」。
「ななつ星」が走り出してから、ここで撮影するのは初めてでした。
この写真は12月上旬の撮影ですが・・・。
その後は仕事に忙しく、全く撮影の機会なしです(涙)。



スポンサーサイト
2016.12.02(Fri):鉄道写真

[ 木次線 三井野原-油木間 ]
木次線(2)
11月19日、かねてより紅葉の季節に一度は撮影したいと思っていた木次線への訪問がかないました。
紅葉を背景に、同線の看板列車「奥出雲おろち号」を撮影しました。
ここでは、その成果を掲載したいと思います。

[ 木次線 油木-備後落合間 ]
木次線(1)
一見正面からの撮影のようですが、実は後追い撮影です(汗)。

[ 木次線 三井野原-油木間 ]
木次線(3)
「奥出雲おろち号」のポスターでも使用されている、木次線定番の撮影地。
道路わきの草が刈られ、お立ち台のようになっていました。
手前の散り具合が目立つものの、とても印象深い写真になりました。

[ 木次線 出雲八代-出雲三成間 ]
木次線(4)

木次線(5)
燃え立つような紅葉を背景に走る「奥出雲おろち号」。

木次線は撮影地をあまり知らないので、戸惑った部分もありますが、それなりには撮れました。
残念ながら紅葉は終わりかけていましたが、ある程度は撮影することができたと思います。



2016.10.28(Fri):鉄道写真

(個人が特定される画像が多いため、モザイクを使用しています)

池島旅行記(30)
いよいよ坑内体験だが、その前にLMたちを坑内へと導くトロッコを紹介しよう。
池島にある唯一の軌道(レール)を走るのがトロッコだ。
レールの上を走るものを撮りたくなるのはLMの性(さが)と言えるかもしれない。

池島旅行記(29)
マッチ箱という表現がピッタリだ。

池島旅行記(31)
池島のトロッコは、坑内体験に参加する観光客を坑内に導くために用いられている。
子供でも屈まないと乗れないような小さな車両だが、多数の観光客を乗せても力強く動く。
かつて、炭鉱夫たちを運んでいた頃を彷彿とさせる。

池島旅行記(28)

池島旅行記(32)

池島旅行記(33)

池島旅行記(34)
坑内体験に参加するだけなら10時前後の便で池島にくればいいが、走行しているトロッコを撮りたいなら朝早く来るのがいいかもしれない。
その頃になると、車庫代わりの坑内からトロッコが引き出され、運が良ければテスト走行も見れる。

池島旅行記(35)
だいぶ脱線してしまった。
坑内体験の話に戻るとしよう。



2016.10.17(Mon):鉄道写真

[ 姫新線 中国勝山-月田間 ]
姫新線開業80周年記念号(1)

姫新線開業80周年記念号(2)
10月10日、姫新線開業80周年記念号が運行されました。
LMたちは全くこの情報を知らずこちらの記事因美線を訪問した際、駅でこの列車のチラシを見つけて初めて知ったような状態でした。
姫新線沿線はあまり詳しくないため、LMの知る唯一の撮影地で撮影。
おまけの撮影でしたが、撮れて良かったです。




今後の更新予定ですが・・・。
夏に北海道旅行に行った際、訪問した駅の記事を書こうと思っています。
旅行記はお蔵入りになる可能性もあるので、せめて駅紹介だけは何とかしたいです。
ただし、少し内容の見直しを行っているので、状況によっては、以前ダイジェストにて紹介したところ人気のあった池島の訪問記が先になるかもしれません。
いずれにせよ、記事の執筆作業は進めておりますので、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。



2016.09.27(Tue):鉄道写真

[ 山口線 地福-鍋倉間 ]
山口線201607(1)
いつもご訪問ありがとうございます。
更新が遅れておりまして大変申し訳ありません。
実は、仕事で重大問題が発生し、そちらに時間を取られていたせいで、更新が著しく停滞してしまいました。
ようやく問題が片付いたので、そろそろ更新を通常に復したいと思います。

山口線201607(2)
本日掲載している写真は、7月末に撮影しながら公開をド忘れ(汗)していた山口線の「SLやまぐち号」重連時の写真です。
夏らしい良い天気だったのですが、LMの行いが悪い(?)せいか、撮影時のみドン曇りという毎度おなじみの妖怪にやられてしまいました(涙)。

ついでながら、ほぼ9月いっぱいLMが手を取られていた問題については追記にて。
愚痴を聞いてくださる心優しい方のみご覧ください。




【Read More...】