2009.01.31(Sat):駅探訪

清畠駅(1)
年末年始北国紀行、たびたび中断していることをお詫びします・・・m(_ _;)m
今日は日高本線清畠駅を紹介します。
清畠駅は、当初訪問予定にありませんでしたが、“時間調整”のために立ち寄りました。
訪問してみるとなかなか素敵な駅で、LMもKも駅の魅力にひかれてしまいました。

清畠駅(2)

清畠駅(3)
清畠駅を出発する普通列車(キハ40-358)。
駅のホームからは海が臨めます。
事前に得ていた情報から、もう少し海から遠いと思っていましたが、思ったより近くにありました。
下の写真では、工事関係の事務所が邪魔ですが・・・。
※・・・と書くと工事関係者の皆さんに失礼ですね。
 申し訳ありませんm(_ _)m

清畠駅(4)

清畠駅(5)

清畠駅(6)
清畠駅ホーム。
あまり積雪量は多くありませんが、それでもホームをうっすら覆い尽くしています。
道内で訪問した駅では“これでも一番積雪量が多かった方に入ります。
・・・今年は暖冬なのでしょうかねぇ(-_-;)
とは言え、ホームから望む海は大変美しく、陸地を覆う雪景色とマッチして、いかにも“北海道”という光景を満喫できました。

清畠駅(7)

清畠駅(8)
清畠駅待合所。
小さくて簡素な建物ですが、清潔な感じのする建物です。
扉を閉めれば風を遮断できるのは助かります。
駅の周囲にはそれなりに家がありますが、閑静なたたずまいの駅です。

清畠駅(9)
待合所から見る海岸線。
ホームよりは眺望が劣るものの、待合所からも海を眺められます。
白い陸地の先は、キラキラ光る海と雲ひとつない空が広がる青の世界です。
夏の景色もよさそうですね。
またいつか来てみたくなりました。



スポンサーサイト