fc2ブログ

LM徒然草 ~駅と列車と情景と~

風情ある駅と自然豊かな鉄道、そして心に残る情景を求めて・・・

【駅紹介・三江線編】信木駅


信木駅(1)
本日は、三江線信木駅をご案内しましょう。

信木駅(2)
信木駅遠景。
県道112号線上から撮ったものです。
これだけ見ると、駅の周囲は枯れた草木だらけで、家は対岸にしか見えず、辺りには人家も何もない“秘境”のように見えます。
しかし、実際には、駅の近隣にはそれなりに家があります。
ただし、隣駅の所木駅とは異なり、対岸とを結ぶ橋は、周囲にありません。
所木駅か、式敷駅方面に出ないといけません。
さて、ここから先、Kは車で先の宇都井駅に向かうことになり、LMだけが駅に降り立ちました。
ここからLMは列車に乗って、Kを追いかけるわけです。
三江線沿線訪問は車に頼る行程ですが、せっかくなので、少しだけでも列車を利用しようと思ったのです。
LMたちの間では、車で撮影に行った場合、短い区間でも列車に乗ることを“御礼乗車”と言っています。
写真を「撮らせてもらった」御礼に、少しでもその路線を利用して貢献したいからです。
特にローカル線では、できるだけ“御礼乗車”するようにしています。

信木駅(3)
駅と道路をつなぐ道。
御覧の通り、信木駅は、道路からかなり下の場所にあります。
入口には案内もないので、車で訪問する場合はよほどしっかり見ていないと、まず通り過ぎてしまいます。
ちなみに、人家はそれなりにあると書きましたが、それらはほとんど道路の高さと同じか、それより上あたりに建てられています。
なので、利用者は誰でもこの坂を上り下りしなければならないわけです。
ちなみに、左手上のフェンスに覆われた場所は広場になっています。
そこでは数人がゲートボールに興じていて、ボールを打つ音や談笑する声が時折風に乗って聞こえてきました。

信木駅(4)

信木駅(5)
駅ホーム。
上が浜原・江津方面、下が三次方面です。
どうも、三次方面の写真はイマイチな構図になる気がします・・・。
三江線と言えば、江の川に沿って走る路線ではありますが、前回のシリーズでも書いたとおり、川を眺められる駅と言うのは意外とありません。
しかし、信木駅は、川を目前に眺めることができる絶好の場所です。
川の流れる音が駅まで聞こえ、天気のいい昼間なら、本でも読みながらうつらうつらと昼寝したくなる環境です。
ただし、この日は夕暮れ時の訪問で、寒さが刻一刻と増してきていたため、さすがにそうのんきには構えていられませんでした(苦笑)。

信木駅(6)
どこにつながるのかが謎の踏切
踏切と言っても、警報機も遮断機もありませんが・・・。
踏切の先は河岸があるばかり。
しかも、枯れた草木がこんもりと覆っているため、軽装で降りていくのは難しいでしょう。
当然、家も何もありません。
釣りでもする人のためでしょうか・・・。
この辺りの川は(一見)それほど深くないので、対岸に向けた道なのかも・・・?(まずあり得ない)

信木駅(7)

信木駅(8)

信木駅(9)

信木駅(10)
信木駅待合所。
簡素な屋根つきの待合所です。
どこにでもありがちな、特徴のない作りです。
反対側には「信木駅」の駅名板が掲げられています。
上から2番目の写真奥の白い建物がトイレですが、水道がないので手は洗えません。

信木駅(11)
待合所から臨む江の川。
椅子に座って、単調な川の流れの音に耳を傾けていると、何だか眠くなっています(笑)。
時折、対岸の国道375号線を走る車がアクセントになりました。

信木駅(12)
信木駅のホームは、こんな山間の小駅には不要と思えるほど、かなり長い有効長を持ちます。
恐らく、コンクリート造りのこの部分↓
信木駅(13)
が本来のホーム部分だと思います。
そして、この部分↓
信木駅(14)
は、駅の入口(正確にはトイレのすぐ先)付近から浜原・江津方面に伸びていますが、延長されたのでしょうか。
今ではキハ120の1両編成と言う寂しい状態ですが、以前はもっと長い編成の列車が走っていたのでしょうか。
興味は尽きません。

信木駅(15)
今回、LMの取材を邪魔(?)し続けた犬。
邪魔と言っても、吠えたり、飛びかかってきたりするわけではありません。
足もとに寄ってくるので、写真を撮るためカメラに意識を集中していると踏んだりぶつかったりしそうになるのです。
とにかく元気のない犬で、顔は疲れ切った様子。視線はどこか虚ろです。
そして、LMの足もとにじゃれついてきます。
近寄ってくるのは、餌でもほしいということなのでしょうか。
あいにく、食べ物の類はKの車に全部放り込み、カメラしか持っていないので、分け与えられるものは何もありませんでした。残念。

信木駅(16)
日が暮れて、薄暗くなったホームに入線してくるキハ120
私を含め7人の客がいましたが、うち4人は学生らしい若い女性でした。
この日は休みなのでみな私服で、辺りには化粧の香りが漂っていました。
何やら痛い視線を感じますが、気のせいでしょうか(苦笑)。
ま、カメラを抱え、こんな駅から乗り込んでくるLMは、どう見ても不審者に見えるでしょうからねぇ(汗)。
出発時、窓の外に目をやると、例の犬が寂しそうにホームを離れていきました。
何もしてやれず、ろくにかまいもしなかったことが、急に胸に痛く感じられた瞬間でした。


テーマ:駅の風景 - ジャンル:旅行

  1. 2009/02/26(木) 00:00:01|
  2. 駅紹介・三江線編
  3. | コメント:4
前のページ 次のページ

このブログについて

LM

Author:LM
鉄道旅行が趣味(&気晴らし)のLMが、旅先で出会った駅を下手な写真と駄文で紹介するブログです。
2010年以降は鉄道写真も多くなっています。

[ 趣 向 ]
風情あふれる木造駅舎とローカル線、SLが大好き。都会近辺の路線はやや苦手です。
廃墟系の建物や独特の雰囲気の建物、美しい自然も愛でています。

[ 構 成 ]
基本的に、LMがメインです。
他に、高校時代からの友人にして、このブログの共同経営者・Kが一部の写真撮影を担当しています。Kは夜勤が多いので、平日昼間の撮影に重宝しています(笑)。
このほか、表立っては出ませんが、LMやKの知り合いの女性たちが黒幕?として存在してます。

[ 機 材 ]
LM:
・Nikon D500(メイン機)

K:
・Nikon D7200(メイン機)

これまでの下車客

多分、新しい記事・・・のはず

御意見箱

乗換案内

このブログをリンクに追加する

この駅の歴史

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中!

FC2Blog Ranking

↑クリックしていただけると嬉しいです。

検索フォーム

pictlayer

写真拡張表示機能

写真を拡大表示するプラグイン。クリックで簡単に写真を拡大(原寸表示)できます。お試しあれ!