FC2ブログ
2010.07.28(Wed):重安貨物・岡見貨物

[ 美祢線 南大嶺-四郎ヶ原間 ]
チョイ記事(13)

チョイ記事(14)
昨年“重安貨物”が廃止されて以来、すっかりご無沙汰していた美祢線
しかし、美祢線を走る貨物は“重安貨物”だけではありません。
もう一本、美祢線の美祢駅から山陰本線の岡見駅を結ぶ貨物列車が走っているのです。
この貨物列車が通称“岡見貨物”と呼ばれる有名な貨物列車です。
美祢から山陽本線山口線山陰本線を経由するという複雑なルートを通ります。
(実際には、“岡見貨物”と称するのは、DD51が重連となる新山口駅からのようですが)
より正確には、美祢市宇部興産伊佐セメント工場から浜田市中国電力三隅火力発電所までを往復します。
往路と復路では積荷が違うのが特徴で、三隅火力発電所行きは火力発電所向けの脱硫触媒となる炭酸カルシウムを、伊佐セメント工場へ向かう列車は、火力発電所で出る灰でセメント原料になるフライアッシュを運びます。

[ 美祢線 厚保駅 ]
チョイ記事(16)

チョイ記事(17)

チョイ記事(18)
実は、これ以前、Kが山口線・山陰本線方面に岡見貨物を撮影に行ったのですが……。
まさかの大雨(さすが雨男の魔力!)で、当日の岡見貨物はウヤ(運休)に。
そんなわけで、DD51重連の岡見貨物は撮れなかったのですが……。
せめて美祢線を走る岡見貨物は撮影したいものだと、かねてから狙っていました。
そして今回、因美線撮影の帰路に美祢線に立ち寄ることになったのです。

チョイ記事(11)

チョイ記事(12)

チョイ記事(15)
久しぶりに来る美祢線は、どこか懐かしい気がしました。
何度となく訪れ、すっかり見慣れた厚保駅で、貨物列車の通過を待ち構えます。
“重安貨物”とは、けん引する貨物車両も違いますが……。
DD51が先頭に立ち、ローカルな路線を長大な編成を引いて走る貨物の魅力は変わりません。
これだけでも迫力を感じますが、DD51重連となると、もっとすごいのでしょうね。
今度は、ぜひ山口線・山陰本線を行くDD51重連の岡見貨物を撮りたいと思いました。

(2010.07.04)

※追伸(2010.07.28)
 7月、同地区を襲った大雨で、美祢線は路盤流出(1枚目の写真付近と思われますが、確認はとれていません)・鉄橋崩壊等があり、当面運行不能な状態です。
 被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 また、これにより、当面は岡見貨物も運転取りやめとなりそうです・・・。