2014.03.27(Thu):駅探訪

西相知駅改修(1)
かなりショックで口もきけないような状態です・・・。
今回はかなり残念なお知らせがあります。
もっとも、一部の趣味の関係者だけではありますが・・・。

[ 佐世保線 永尾駅 ]
永尾駅改修(1)
まず、既報していた永尾駅の改修工事が3月20日をもって完了しました。
幸いにも大幅な改変はなく、補修と再塗装がメインだった模様。
再塗装された色合いも、駅舎とそう不釣り合いでもなく、そう悪くはない雰囲気です。
全体的には、塗装の雰囲気は、同じ佐世保線上有田駅三間坂駅の駅舎と同じ方向性を持っているようです。

永尾駅改修(2)

永尾駅改修(3)
駅舎内部もきれいに整備されました。

永尾駅改修(4)
何故か、木製椅子のひとつは外に弾き出されていました。

永尾駅改修(5)
永尾駅の象徴のような、この駅名標はそのまま残されていました。
良かった。

(改修前の永尾駅)
永尾駅改修(6)
全般的には、元の駅舎の雰囲気をそれほど壊すこともない改修だったと評価できます。
この塗装も、十数年後には駅に馴染んでくるでしょう。

永尾駅(17)
しかし・・・。
超個人的な意見ではありますが、昔ながらの風情を残した改修前の駅舎が好きでしたね。
少し残念な感じがします。

[ 筑肥線 西相知駅 ]
西相知駅改修(5)
しかし、もっとショックだったのは西相知駅
この前から、資材置場(?)にするための工事が行われ、雰囲気が多少損なわれていました。
それでも、佐里・伊万里方面の雰囲気は昔のまま失われずにいたのですが・・・。
今回、何と待合所が解体されてしまいました。
相互リンクいただいている「急行平戸51号」(伊万里保線区様)からの情報でこのことを知り、愕然としました。
既に待合所の解体は完了し、新しい待合所が完成したとのこと。
この情報を受け、自ら(Kも共に)現地調査に乗り出すことにしました。

西相知駅改修(3)

西相知駅改修(2)
「・・・・・・」
落胆しか感じられないLMとK。
待合所は完全に失われ、あの風情ある(壊れかけの)椅子も撤去されたようです。

西相知駅改修(4)
後に建てられたのは小さな待合所。
本当に小さく、背の高い人なら頭を打ち付けそうな天井の低さです。
まさにバス停の待合所といった雰囲気。
清潔にはなりましたが、駅の待合所としては貧弱な感じがします。

西相知駅改修(6)
幸いにも、国鉄マークの残る貴重なゴミ箱は残されました。
今となっては、昔の西相知駅から引き継がれ続ける大切な品物です。

(在りし日の西相知駅待合所)
西相知駅(7b)
確かに、元の待合所は、LMの学生時代の思い出のものとは少し異なるところもありました。
しかし、全体としては、あの頃の風情を残す待合所でした。
その待合所が撤去されるとは・・・
LMにとっては、大変なショックになりました。
前にも書きましたが、西相知駅はLMが駅に親しむきっかけになった駅でした。
しかし、思い出の詰まったものたちは、次々と消えていきました。
待合所までなくなった今となっては、もはやLMの思い出に残る駅とはほぼ別の駅になってしまいました・・・。
もう、西相知駅を訪問することはないかもしれません。
悲しくて、虚しい気持ちになるだけですから・・・。



【Read More...】

スポンサーサイト