2017.03.21(Tue):鉄道旅行

たびたびご無沙汰しております、LMです。
やっと更新を進めようとしたら、血尿が出た挙句、三大激痛と言われる「尿路結石」にかかり、あまりの激痛に悶死しそうでした(汗)。
それで更新が遅れてしまったことをお詫びします。




[ 留萌本線 大和田駅 ]
北海道201608(57)

[ 留萌本線 留萌駅 ]
北海道201608(58)
藤山を離れ、留萌に向かう。
よく晴れて快適な日なので、たまにはのんびり観光でもしたくなる。
だが、この日は駅訪問の予定が詰め込まれているので、そのような逸脱は許されない。
留萌駅周辺で昼食を取り、飲物等を補充すると、再び駅に戻った。

[ 留萌本線 藤山-大和田間 ]
北海道201608(59)
ほぼ昼食のためだけに立ち寄った留萌を離れ、深川方面に戻る。
窓から車内に吹き込む風はとても涼しく、時に寒いと感じるほど。
一応、外気温は30℃は超えているのだが・・・。
そんなことも忘れるくらい、車内は快適だった。

[ 留萌本線 藤山駅 ]
北海道201608(60)
藤山駅を車中から見る。
この駅には、この日、もう一度訪問する予定になっている。

[ 留萌本線 真布駅 ]
北海道201608(61)
降り立ったのは真布駅
この駅も、LMの大好きな駅だ。
冬に来た時の印象は、とても鮮やかなものとして残っている。
夏に訪問するのは初めてだが、夏には夏なりの美しさがあり、心ひかれた。

北へ・・・201608(1)
駅前の踏切にて。
どこまでも続くレールと、晴れ渡った空が旅情を誘う。

北海道201608(65)

北海道201608(63)
全く退屈することのない駅での時間。
人の気配が感じられない駅で、しばし最愛の人と駅を愛で、日常のしがらみで疲れた心を癒やす。

北海道201608(62)
ただ、真布駅ではひとつだけ誤算があった。
待合室内が異常に暑かったのだ(汗)。
涼しい風が吹き渡り快適な環境とはいえ、気温は30℃を超えている。
そして、この待合室には窓がない
するとどうなるかは、容易に想像がつく(死)。
入口のドアしか空気の流れがない室内は、蒸し風呂状態だったのだ。
このため、室内で座って休息することができず、立ちっぱなし状態になってしまった。

北海道201608(64)
それがいけなかったのか、しばらくするとお腹がグルグル唸り始めた(下品)。
真布駅にはトイレはない
人家も近くにはない(汗)。
列車も当面来ない(滝汗)。
幸い、しばらくは我慢できそうだが、長くはもちそうにない・・・。
何とかするなら今のうち、ここは最終手段使用もやむなし!
やむを得ずスマホを取り出し、叩き込みたるはタクシー会社の電話番号!
こうしてLMは、タクシーで隣の(トイレがある)石狩沼田駅へ撤退することを余儀なくされたのだった。



スポンサーサイト