FC2ブログ
2018.04.30(Mon):駅紹介・三江線編

[ 三江線 鹿賀駅 ]
三江線_the_last_day(13)
三江線数ある駅の中でも、鹿賀駅はLMにとって五本の指に入る大好きな駅だ。
桜の季節の美しさはいうまでもないが、それ以外の時期でも、この駅の待合室でくつろぐとスーッと疲れが取れていくような、LMの大切な聖地の一つだった。
そんな鹿賀駅の営業も、この日で終わってしまう。
鹿賀駅も大量の撮影者であふれていたが、人が減ったタイミングを見計らって、ようやくその姿を眼前にできた。
昨年同様、駅は美しい桜模様を見せてくれた。

三江線_the_last_day(14)
入線してくる9427D
何となく右上にあるお寺の桜も入れたくて広角で撮影してみたが、構図的には失敗だったかもしれない。
でも、LMは満足できた。

三江線_the_last_day(15)

三江線_the_last_day(16)

三江線_the_last_day(17)
地元の人を始め、大勢の見送りの人々に見送られ、9427Dはゆっくりと駅を離れていく。

三江線_the_last_day(18)
その数分後、駅は誰もいなくなった――。
先ほどの歓声が幻であったかのように。

三江線_the_last_day(19)

三江線ラストラン_180331(5)
駅に飾られていた「ありがとう三江線」のホワイトボード。
これを見ると、改めて三江線は今日が最終営業日なのだと痛感させられた。
この日撮影していて、どの駅も賑わっているし、普通に列車も走っているので、どこか「この日が最終営業日」という事実を忘れ(意図的に考えないようにしていたかもしれない)、華やかな桜の光景もあって、気分が高揚している自分がいた。
だが、このホワイトボードが、LMの気持ちを急に現実に引き戻した気がした。
――三江線の鉄路を列車が走る時間は、あとわずかしかないのだと。



スポンサーサイト