FC2ブログ
2018.07.20(Fri):廃線探訪

特記なき限り、写真はGW(ゴールデンウィーク)撮影のものである。
※写真を詰め込み過ぎたので、今回は区間短めで。

[ 旧三江線 浜原駅(おまけ) ]
三江線廃駅訪問(72)
(7月撮影)
今回はタイトル通り粕淵駅からになるのだが、おまけとして浜原駅の直近の写真を掲載する。
写真は7月のもので、以前アップした写真(GW撮影時)に比べると夏草が格段に増加し、廃駅の雰囲気が強まっていた。

三江線廃駅訪問(73)
(7月撮影)
人気はなく、ひっそりしていた。
廃止直前の人の多さが嘘のようだった。
夏草や 鉄道ファンが 夢の跡

[ 旧三江線 粕淵駅 ]
三江線廃駅訪問(54)
駅近くの跨線橋から粕淵駅を臨む。
「立入禁止」の立札の方が違和感を感じるくらい、三江線の鉄路は変わっていなかった。

三江線廃駅訪問(55)
粕淵駅の駅舎も全く変わっていない。
まあ、美郷町商工会館と合築なので当然ではあるが。
この駅は当面そのままの姿を残してくれるのではないだろうか。

三江線廃駅訪問(56)
きっぷ売場も当然しまっているが、LM訪問時はほぼ閉まっていた(営業時間が平日の日中だったため)ので、あまり違和感は感じない。
バスの定期券等も取り扱うというから、窓口自体は今後も使われるのだろう。

三江線廃駅訪問(57)
ホーム上は立入禁止なので、ギリギリまで柵に近づいて撮影。
現役の頃とほとんど変わらない光景なのに、列車が来ないのはやはり寂しい。

[ 旧三江線 明塚駅 ]
三江線廃駅訪問(58)
最初見た時、公衆便所と思ってしまった明塚駅の待合所は健在。
ただし、現在はかなり夏草が絡みついている(写真はGW時)。

三江線廃駅訪問(59)
こちら側から見ると現役の駅にしか見えない(語彙力貧弱ですみません)。
ただ、駅名板がないところに、小さな違和感がある。

三江線廃駅訪問(61)
どんなに現役の頃と変わらないように見えても、現役の頃とはやはり隔絶されているのだ。

三江線廃駅訪問(60)
おまけ1。
GWの頃は、小さな花々が小さな鉄路を彩っていた。

三江線廃駅訪問(74)
(7月撮影)
おまけ2。
明塚駅の直近の写真で、7月撮影のもの。
夏草がかなり生い茂り、草むらに沈んでいるのがうかがえる。
こうして、だんだんと廃駅らしい光景になっていくのだろう。

[ 旧三江線 石見簗瀬駅 ]
三江線廃駅訪問(62)
LMの好きな駅のひとつだった石見簗瀬駅
LMが愛してやまなかった木造駅舎は、今も健在だった。
漏れ聞く話では、7月の西日本豪雨の際、一部冠水被害を受けたようだが、幸い大した被害ではなかったらしい。

三江線廃駅訪問(63)
駅舎は立入禁止で、正面からは駅構内に入れないが、回り込めば駅を臨む位置に立てる。
構内は一見変わっていないように見えるが、駅名板は当然失われている。
この景色もいつまで見れるのだろう。
あの駅舎は、いつまでその姿を見せ続けてくれるのだろう。
写真を撮っていて、そんなことばかりが心をよぎった。