FC2ブログ
2018.11.20(Tue):駅探訪

[ 五能線 驫木駅 ]
みちのく旅行(29)

みちのく旅行(28)
「……」
半ば信じられない気持ちで、駅を、そしてその背後に広がる青い海と空を見ていた。
昼に近づくと、天気は驚くほど急転し、雲は見る間に散って青空がのぞきだした。
今見ている景色は、朝に見たそれとは、最早全くの別物だった。

五能線201809(1)
完全に晴れ渡った空を迎え、驫木駅はその本来の美しさを完全に取り戻した。
それは、LMにとって「聖地」としか呼べない光景だった。

五能線201809(2)
もちろん、これは単純な自然現象だろう。
LMの訪問した時間が、たまたまちょうど良い時間だったというに過ぎないかもしれない。
しかし、その“偶然のタイミング”で訪問できたのは、何かの導きだとしか思えない。
LMは、最愛の女性がもたしてくれた奇跡と信じている。
彼女は約束を守ってくれたのだと。

みちのく旅行(30)
LMも最愛の女性も青が好きで、青い空と青い海が大好きなことを考えれば、これは考えられる限り最高の”奇跡“だった。
大好きな景色が最良の視界で目前にあるのに、何故か涙がとめどなく溢れ、ぼやけて見えた。



P.S.

諸事情により、更新が遅れましたことをお詫び致します。
次回更新も少し遅れるかもしれません。