FC2ブログ
2021.02.25(Thu):廃線探訪

別件で広島県まで行く用事ができたため、その用件が完了した後、1日限りで旧三江線の現状を調査した。
廃止から時間が経ち、レールが剥がれたり駅舎(待合室)が失われた駅も確実に増えだした。
時間的余裕がなかったため全駅は無理だったが、ピンポイントで訪れた駅を駆け足で紹介する。

[ 旧三江線 長谷駅 ]
三江線廃駅巡り202102(1)
小さな待合所を含め、何も変わりはなかった。
大好きなこの駅の無事を確認し、まずは何よりだった。

[ 旧三江線 口羽駅 ]
三江線廃駅巡り202102(5)

三江線廃駅巡り202102(6)

三江線廃駅巡り202102(7)
駅舎含め健在。
駅名標は、NPO法人江の川鐵道によるオリジナルのものに変更された。
訪問日は、ちょうど江の川鐵道等による7日間限定のトロッコ運転(実証実験)の最中だった。
その様子は、ニュース等でも多数報道されている。

[ 旧三江線 宇都井駅 ]
三江線廃駅巡り202102(8)
変わりなく健在。
天空の駅の圧倒的な存在感は今も変わりがない。
3月10日まで工事中(転落防止柵等設置)のため立入禁止。

[ 旧三江線 潮駅 ]
三江線廃駅巡り202102(2)

三江線廃駅巡り202102(3)

三江線廃駅巡り202102(4)
LMの思い出がたくさん詰まったこの潮駅。
この駅では、待合室の喪失が確認された。
無機質な建物だったが、思い出深い建物だったので残念。
江の川は、何事もなかったように流れていた。

[ 旧三江線 川平駅 ]
三江線廃駅巡り202102(9)
駅舎の健在を確認。
現在は代替バスの待合所として使われているらしい。
なお、ホーム側は線路が剥がれている。

[ 旧三江線 江津本町駅 ]
三江線廃駅巡り202102(10)
残念ながら、駅舎(待合室)が失われ、ホームを残すのみになった。



今回の調査では、潮駅、江津本町駅で待合室の喪失が確認された。
今後、時が過ぎれば失われる駅はさらに多くなるかもしれない。
その一方で、宇都井駅、口羽駅を拠点として、鉄道公園として整備する計画もある。
新しい道へと走り始めた宇都井駅、口羽駅には、コロナ渦という逆風はあるが、幸多からん事を祈った。



スポンサーサイト