FC2ブログ
2008.11.12(Wed):駅紹介・三江線編

船佐駅(1)
三江線シリーズ7回目となる今回は、船佐駅を紹介しましょう。
県道112号線沿いにありますが、山道の途中、不意に現れるので、うっかりすると見落とすかもしれません。

船佐駅(2)
船佐駅駅舎。
小さいながらも、この辺り特有の赤瓦で屋根を葺いてあるせいか、堂々としたものを感じます。
中に時刻表がないなぁ、と思っていたら、表の壁に張り出してありました。
それも、ガラスの入ったきれいな掲示板です。

船佐駅(3)a

船佐駅(3)b
駅舎内部。
駅舎内部は清掃が行き届き、雰囲気はいいのですが、警察関係のポスターがやたらに貼ってあり、せっかくの雰囲気を損ねています。
こんな人のあまり来ない駅にポスターたくさん貼っても・・・という気もしますが(苦笑)。
まさか、余っていたから貼ったわけでもないでしょうし(^^;

船佐駅(4)a

船佐駅(4)b
船佐駅ホーム。
上が三次方面、下が浜原・江津方面です。
駅舎があるせいか、ホームに屋根はありません。
辺りには民家も数件見受けられますが、人の気配はあまりありません。
ただ、宇都井駅からの帰りに列車でこの駅を通った時は乗車客がいたので、全く利用がないわけでもないのでしょう。

その列車内で思ったことですが・・・。
もっと秘境駅に行こう!』など諸々の資料から推しても、三江線は地元の人からさえも忘れ去られたような、利用頻度の低い路線と考えていました。
しかし、実際に乗ってみると、特に三次行きは途中から各駅で少なくとも1人程度の乗降があり(例の長谷駅は除く)、車内はそれなりに混みあいました。
この日は日曜日だったので、学生関係の乗車があまりなかったにも関わらず、です。
乗客はやはり高齢者が多いようでしたが、若い人もそれなりに乗っていました。
こんな不便な場所だからこそ、地元の人にとっては貴重な足なのかもしれません。


スポンサーサイト




Secret