--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.16(Wed):鉄道旅行

[ 函館本線 札幌駅 ]
北海道201308(6)
今回、LMとKは同時に渡道したのですが、いったん新千歳空港駅で別れて、別々の旅路へと向かうことになっていました。
LMは、飛行機から降りてすぐ、新千歳空港と札幌を結ぶ快速「エアポートライナー」に乗車します。
札幌に到着すると、今度は特急「オホーツク」への乗り換えと、慌ただしい旅が続きます。
「オホーツク」に乗り込んで、ようやく落ち着きました。
ここから約三時間半ほど、特急「オホーツク」の旅になります。
グリーン車に乗車したので、ゆったりできます。
心地よい座席とリズミカルにレールを叩く音、それと疲れのため、早くも眠気が襲ってきます。
夢現の間をさ迷いながら、快い鉄道の旅を楽しんでいました。

[ 石北本線 中越信号場 ]
北海道201308(7)
(許可を得て車掌室窓から撮影)

LMがついに睡魔に負けて爆睡(汗)しているうちに、「オホーツク」は旭川を過ぎ、石北本線へと入っていました。
途中、中越信号場で対向列車との行き違いのため、しばらく停車しました。
せっかくなので写真を撮りたかったのですが、車中からではなかなかうまく撮れません。
そんな折、車掌室の窓が開いていたので、車掌さんに許可を得たうえで撮影しました。
木造の構築物は、現在は保線用の詰所のようですが、以前は駅舎だった建物です。
そう、中越信号場は以前、中越駅という歴とした旅客駅だったのです。
しかし、付近の住民が全ていなくなってしまった(!)ため、2001(平成13)年に廃駅となり、以後は信号場として運用されています。

[ 石北本線 上川-上白滝間 ]
北海道201308(8)
「オホーツク」は、北見峠を越え、次第に白滝へと向かっていきます。
サミットを越えてからは速度も上がり、軽快に下り坂を駆け抜けます。
久しぶりに見る夏の北海道の大地。
冬の北海道が最良ではありますが、夏の北海道も魅力的です。

[ 石北本線 丸瀬布駅 ]
北海道201308(9)

北海道201308(10)
列車は白滝を越えて、もはやLMにとっては見慣れた駅となった丸瀬布に滑り込みます。
もっとも、見慣れているとはいえほとんど冬ばかりなので、この季節の光景には少し違和感もありますが・・・。
勝手知ったるこの丸瀬布で、LMは「オホーツク」から下車します。
常連の皆様はもうお分かりでしょうが、ここから下白滝駅を目指すのです。
今回は、久しぶりに列車での下白滝入りとなります。
LMにとって、北海道における“最良の時間”は、すぐそこまで近づいていました。


スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。