--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.13(Thu):鉄道写真

[ 石北本線 瀬戸瀬~遠軽間 ]
北海道旅行201401(68)


翌日は、恒例となる石北臨貨(8071レ)撮影に向かいます。
まずは、瀬戸瀬駅にほど近い陸橋で待ちかまえました。
電線が線路直上にあり、少し難しい撮影ですが、何とかカットできました。
最初はLMたちだけでしたが、後から後から人が増え、ついには十数人近くに。
なかなか人気の撮影地のようです。
本命の8071レは、少し遅れながらも、無事通過していきました。
この撮影地では、なかなかいい感じで撮影できました。

[ 石北本線 安国駅 ]
北海道旅行201401(70)
続いては、恒例の撮影地である安国駅の跨線橋にて。
しかし、到着してみて初めて、とんでもない選地のミスに気づきます(汗)。
冬にここで撮影するのは3回目ですが、これまではいずれも曇り空、または雪でした。
今回は晴れたのですが、それがかえって災いすることに。
奥は晴れているのですが、手前は日陰で暗いという、極端に明暗の分かれる状況だったのです(汗)。

北海道旅行201401(69)
今さら撮影地を変える余裕もなく、仕方なしにそのまま撮影に挑みます。
晴れている部分はまだそれなりに撮影できましたが、距離が遠いのでうまく狙いが定められず、ピントの甘い写真に(汗)。

北海道旅行201401(71)
一方で、接近しての撮影は・・・。
予想通り、かなりの暗さでの撮影になりました(爆死)。
これなら、曇り空での撮影がまだましでした。
嗚呼。

[ 石北本線 生野~生田原間 ]
北海道旅行201401(72)

北海道旅行201401(73)
この日最後の撮影は、生野駅の少し先の踏切で行う事にしていました。
ところが、目指した撮影地は――何と冬季閉鎖で、全く除雪されていませんでした(汗)。
北海道での冬の撮影はこれだから怖いです。
事前に Google Map ストリートビューで確認までしていたのですが、冬季閉鎖までは分かりませんから(死)。
慌てて生野駅に戻りましたが、こちらはギャラリーが多過ぎたので、やむなく生野駅から一つ生田原寄りの踏切で撮影。
ところが、これがまた究極の選地ミスで、生野駅から少ししか離れていないにもかかわらず、阻害物が多過ぎ、撮影には全く不向きでした。
そうこうしているうちにも8071レが来てしまったので、半ばヤケで無理やり撮影しましたが・・・。
予想通り、結果は大失敗でした(涙)。
※掲載写真は、大々的にトリミングしております(汗)。

[ 石北本線 瀬戸瀬駅 ]
北海道旅行201401(74)
散々な結果に終わった石北臨貨撮影の後、タクシーで瀬戸瀬駅に向かいました。
ここから4620Dで白滝方面を目指します。
石北臨貨撮影の撮影はあくまでも前座。
これから先、愛すべき秘境駅訪問こそが、LMにとっては真の北海道旅行の目的なのです。


スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。