--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.08.04(Tue):雑記

心落ち着く場所へ(3)
長らく放置していて失礼しました。
この数日間、悲しみ、苦しみ、悩み、絶望し、そしてもがき続けました。
ブログの閉鎖だけでなく、一時は悲しいことばかり続く自分の人生自体も閉ざしてしまおうかと真剣に考えたこともありました。

北海道旅行201502(37)
煩悶の果てに出た結論、それは――
「続けていこう」でした。
このブログも、そして悲しみばかり多い自分の人生も。

北海道旅行201401(115)
一番大好きな駅はなくなってしまうかもしれません。
でも、なくなる寸前まで大事に看取ってあげたいと思っています。
その後は、この大切な思い出を胸に、もう一度新しい居場所を探して旅してみようと思っています。
きっとどこかで待っている、魂の安らぐ場所を求めて――


↑折れそうな心に響いた名曲。
 歌詞の一つひとつが心に沁みます。


P.S.

一部、くどくて分かりづらい部分は追記に閉じ込みました。
北海道旅行記もいずれ再開しますが、当面は比較的負担の軽い鉄道撮影から紹介していく予定です。

石北本線の下白滝~丸瀬布間が被災したようですが、とりあえず迅速に対応してくれるようで助かりました。
この夏、どんな手段を使っても、下白滝駅を訪問しようと思います。



【More...】


下白滝駅(5)
LMに立ち直るきっかけを与えてくれたのは、ほかならぬ最愛の人でした。
以前の記事に書いたように、(精神的には)ほとんど世捨て人のようなLMにとって、生き甲斐は最愛の人の慰霊のために北海道を旅をして回ることであり、下白滝駅はそんな最中に出会った駅でした。
LMも彼女も初めて訪問して以来、すぐにこの駅が気に入り、以後は毎年この駅を訪問するようになりました。
何度となく駅を訪れるにつれ、駅で起こる奇跡は増していきました。
そして、気がつけば、LMの中では下白滝駅は犯すことのできない絶対の“聖地”となっていたのです。

北海道旅行201502(1)
でも、前回、下白滝を訪問した時に彼女から言われたことがありました。
「私はいつでもあなたの傍にいる」
「普段は波長が合わないけれど、極度に心が安らいで浄化した時、波長が合って私が見えるようになる」
「下白滝はあなたに魂の安らぎと浄化を与えてくれる大切な場所だけど、間違えないで。
もし下白滝の駅がなくなっても、私はずっとあなたの傍にいるから」
今にして思えば、この言葉は、今回のことを見越しての忠告だったのでしょうか。

北の国から2012(17)
下白滝駅がなくなると知り、絶望したLMは、懸命に我慢しようとしても涙があふれ続け、仕事ができないほどでした。
やがて泣き疲れ、涙さえも枯れ果てて、まるで抜け殻のようになってしまいました。
泣くことさえできない中で、感情は絶望一色に塗りつぶされ、生きる望みさえなくなっていきました。
そんな絶望的な状況の中、最愛の女性がLMの夢枕に立ちました。
泣いているような、そんな中でも必死に笑顔を見せているような、どこか懸命な表情を湛えて。
彼女はLMに語りかけました。
「下白滝駅のことは残念だと思う・・・。
でも、前にも言ったように、私はいつでもあなたの傍にいる。
だからまた、新しい旅に出ましょう。魂の安らげる場所を探しましょう。
あなたの心が安らぐ場所が見つかったとき、そこが新しい“聖地”になるから」

旅の終わり(2)
そうでした。
彼女の魂を慰めるための旅は、まだ終わらせるわけにはいきません。
本来、「最愛の女性の魂を慰霊するために北海道を旅する」のがLMの生き甲斐であったのを、いつの間にか「下白滝に行く」ことが生き甲斐であると誤ってとらえてしまっていました(もっとも、これまでその2つは限りなくイコールだったのですが)。
その使命感のようなものが、LMの心を冷静に戻させました。
木造駅舎の場合、いきなり失われてしまうことも多い中、少なくとも来年の3月までは猶予期間があるのですから、その間、できる限り下白滝を訪問し、しっかりと思い出を残さなければと前向きになれました。
また、下白滝駅は列車交換可能駅なので、仮に駅としては廃止されても、奥白滝のように信号所として維持される可能性があり、そうなれば(列車では無理としても)訪問する可能性は残されるかもしれない、とも思えるようになってきました。

北の国から2012(13)
もし、万一、下白滝の駅が跡形もなく消え去ってしまったとしても――
その思い出は、たくさんの写真と共に、永遠にLMの心に留まり続けるでしょう。
そして、彼女の遺影を胸に、また旅を続けていきたいと思います。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。