2015.12.07(Mon):鉄道旅行

[ 石北本線 下白滝駅 ]
北海道旅行201502(79)
翌日も下白滝に滞在する予定でしたが、いったん4628Dで撤退。
また明日来ると分かっていても、最愛の駅との別れはつらいものです。
駅寝したいくらいなのですが、装備も十分でない中、厳寒の駅で駅寝などしたら自殺行為ですからね・・・。

[ 石北本線 旧白滝駅 ]
北の国から2012(12)
同列車が旧白滝駅に停車すると、Kが乗車してきました。
Kは遅れて北海道入りしており、旧白滝駅を訪問していたのです。
LMは下白滝駅びいきですが、Kは旧白滝がお気に入り
小さな待合所しかない旧白滝駅ですが、彼は彼なりに、ここで幸せな時間を過ごせたようです。

[ 石北本線 白滝駅 ]
北海道旅行201502(80)
とりあえず白滝まで戻り、特急「オホーツク7号」で宿泊地の遠軽まで逆戻りします。
白滝駅の写真はおまけで撮影したのですが、外灯の光が印象的でしたので掲載してみました。

[ 石北本線 遠軽駅 ]
北海道旅行201502(81)
遠軽到着後、昨夜撮り逃したラッセルを探しました。
幸い、この日は停車していため、早速撮影に励みましたが、この夜は雪が激しく、なかなかうまく撮れませんでした。

[ 石北本線 遠軽-安国間 ]
北海道旅行201502(82)
翌日、白滝方面へ向かう前に、石北臨貨8071レ撮影を遠軽市街地で撮影。
牽引機関車がDF200になってあまり魅力を感じない石北臨貨撮影ですが、この日も雪が激しく降っていたので、背景がそれなりに絵になりそうなので急遽行くことにしたのです。
もっとも、白滝行きに影響を与えないよう、遠軽中心部での撮影でしたけど。
予想どおり、降りしきる雪を蹴立てながら迫ってくる貨物列車の姿は、なかなか勇壮な光景でした。
でも、やっぱり、「DD51でこの光景が見たかった」が本音ですね。

[ 石北本線 白滝駅 ]
北海道旅行201502(83)
撮影後は直ちに遠軽駅まで戻り、昨日と同じ4620Dに乗車します。
ただ、行程は少し昨日と異なり、この日のLMは白滝まで乗り通しました。
この日はKが下白滝を訪問することになっていたので、Kは昨日のLMと同じ行程をとって丸瀬布で下車。
LMは白滝まで出て、そこから徒歩で上白滝駅を訪問することにしていたのです。
白滝駅についてみると、相変わらずの雪の本降り状態が続いています。
これまで上白滝へは何度も徒歩で行っていますが、これほどの雪の中を強行軍したことはないため、少し不安を覚えました。

[ 国道333号 道中 ]
北海道旅行201502(84)

北海道旅行201502(85)

北海道旅行201502(86)
体がたちまち雪まみれになってしまうほどの雪の中、それでも上白滝を目指して突き進みました。
幸い、途中から少し雪は弱まりだし、歩くのに差し支えないレベルになりました。
余裕ができたので、時折最愛の人の遺影に白滝の光景を見せながら、ゆっくりと歩いていきました。
ラッセル撮影時と違い、この日は三脚は置いてきているので、だいぶ楽な行軍です。
とはいえ、肩に食い込むリュック(主としてカメラ類の荷重)を背負って歩くのはなかなかの苦痛です。
それでも、時々最愛の人と語らい、白滝の光景を共に見ながら歩くのは至福の時間でもあるのでした。


スポンサーサイト

Secret