fc2ブログ

LM徒然草 ~駅と列車と情景と~

風情ある駅と自然豊かな鉄道、そして心に残る情景を求めて・・・

【北海道旅行記2015】白銀の旅愁


[ 石北本線 下白滝駅 ]
北海道旅行201502(108)
本当なら最終列車が来るまで下白滝駅にいたかったのですが・・・。
この後の行程があるため、泣く泣く一本早い列車(4626D)に乗り込みました。
この列車は、数少ない旭川への直行便で、一日一往復しか列車がとまらない上白滝駅に停車する、数少ない列車でもあります。
上白滝駅からはKが乗り込み、LMと合流しました。
今回の旅行は、LMとKで旅行に行っているものの、バラバラに行動しているので、一人旅のような雰囲気でしたが、ここから先は同一行程です。

[ 石北本線 奥白滝信号場 ]
北海道旅行201502(109)

[ 石北本線 上川駅 ]
北海道旅行201502(110)
思えば、何度となく白滝の地へ来ていますが、こうしてトコトコ旭川まで普通列車で行くのは初めてのことでした(これまでは時間の関係上、特急がほとんど)。
特急だとあっという間に過ぎ去ってしまう光景を、夜景とは言いながらゆっくり車窓から楽しめるのはやはりいいものです。
と同時に、遠い所に来ているんだという、旅行の時特有の寂寥感が湧いてきました。
快適だけど、特急だとなかなか感じられない“旅をしている”という実感が、体の中にしみこんできました。

[ 函館本線 旭川駅 ]
北海道旅行201502(111)
旭川から、さらに特急「スーパー宗谷」に乗り継ぎ札幌へ。
この日の旅路は長いのです。

[ 函館本線 札幌駅 ]
北海道旅行201502(112)
札幌到達は21時55分。
普通なら、この時間に札幌に着いたとなれば、大体そこで本日の日程終了、となるのですが、この日はまだ延長戦がありました。
夜行急行「はまなす」への乗車です。
と言って、この列車で夜を明かすのではなく、苫小牧まで行く最終列車としての利用でした。
ともあれ、久しぶりに「はまなす」に乗れて、とても嬉しかったです。
ただ、車中泊ではないので、座席は指定席。
ただでさえ厳冬のため厚着しているので席が狭く感じるうえ、「はまなす」乗車の客は荷物をたくさん持っている客が多く、何となく窮屈な旅になりました。

[ 室蘭本線 東室蘭駅 ]
北海道旅行201502(113)
東室蘭で下車。
時計を見ると、時刻はもう零時間近。
ようやく本日の旅終了です。
本当に長い長い一日でした。
これまでの累積過労と併せて、さすがにLMも疲れ切り、泥のようにホテルのベッドに倒れこんだのでした。


スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2015/12/19(土) 00:00:01|
  2. 鉄道旅行
  3. | コメント:2
<<【北海道旅行記2015】消えゆく列車たちの記録 | ホーム | 【北海道旅行記2015】奇跡の白銀世界~再びの下白滝>>

コメント

僕が石北本線で旭川・札幌戻るときの風景は
最初の写真のようにふりそそぐ雪かもしれません。
夜暗い中ノイズがなるべく出ないように
どうしたら撮れるか考えてましたが
LMさんの写真参考にさせていただきますね。

駅で撮影中機材が動かなくならないように
デジ一の防寒カバーを買ったりと準備万端にしてます。

夕方の白滝から旭川までの普通列車は
3時間かかるのを時刻表で見ましたが
あまりの過酷さに泣きが入るか
「俺は白滝で凄いの見たぞ」と胸張って戻って来るか
と思うと当日迎えるのが待ち遠しいですが
長い1日になる覚悟は出来てます。
  1. 2015/12/19(土) 07:40:09 |
  2. URL |
  3. burning s #-
  4. [ 編集 ]

遅くなりました

burning s 様

こんばんは。
コメントありがとうございます。
せっかくコメントいただきましたのに、レスが遅れて失礼しました。
体調が悪くて、少し寝込んでいたものですから・・・。

> 僕が石北本線で旭川・札幌戻るときの風景は
> 最初の写真のようにふりそそぐ雪かもしれません。
> 夜暗い中ノイズがなるべく出ないように
> どうしたら撮れるか考えてましたが
> LMさんの写真参考にさせていただきますね。

経験論ですが、完全に夜の帳が降りてしまうと、電球等の強い光によりゴースト等が発生し、なかなかうまく撮れません。
しかし、日が暮れてから夜の帳が降りる前の時間――俗にいうブルーモーメント(コメント記事の一番上の写真)の時間帯は、そうなることが少なく、きれいな写真が撮れます。
完全な夜景の写真よりも、その時間帯の写真がきれいですよ。
冬の日暮れは早いですが、北海道はとりわけ早いので、burning s様が行かれる時期は16字半~17時頃にはその時間帯を迎えます。
ぜひともその時間帯に、感動的な写真を撮ってみてください。


> 駅で撮影中機材が動かなくならないように
> デジ一の防寒カバーを買ったりと準備万端にしてます。
> 夕方の白滝から旭川までの普通列車は
> 3時間かかるのを時刻表で見ましたが
> あまりの過酷さに泣きが入るか
> 「俺は白滝で凄いの見たぞ」と胸張って戻って来るか
> と思うと当日迎えるのが待ち遠しいですが
> 長い1日になる覚悟は出来てます。

慣れた人でも泣きが入る事態になったこともあります。
カメラはもちろんですが、まずはご自身の保温をしっかりしておいてください。
素晴らしい白滝の光景を見ることができることをお祈りします。
  1. 2015/12/21(月) 23:53:13 |
  2. URL |
  3. LM #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

LM

Author:LM
鉄道旅行が趣味(&気晴らし)のLMが、旅先で出会った駅を下手な写真と駄文で紹介するブログです。
2010年以降は鉄道写真も多くなっています。

[ 趣 向 ]
風情あふれる木造駅舎とローカル線、SLが大好き。都会近辺の路線はやや苦手です。
廃墟系の建物や独特の雰囲気の建物、美しい自然も愛でています。

[ 構 成 ]
基本的に、LMがメインです。
他に、高校時代からの友人にして、このブログの共同経営者・Kが一部の写真撮影を担当しています。Kは夜勤が多いので、平日昼間の撮影に重宝しています(笑)。
このほか、表立っては出ませんが、LMやKの知り合いの女性たちが黒幕?として存在してます。

[ 機 材 ]
LM:
・Nikon D500(メイン機)

K:
・Nikon D7200(メイン機)

これまでの下車客

多分、新しい記事・・・のはず

御意見箱

乗換案内

このブログをリンクに追加する

この駅の歴史

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中!

FC2Blog Ranking

↑クリックしていただけると嬉しいです。

検索フォーム

pictlayer

写真拡張表示機能

写真を拡大表示するプラグイン。クリックで簡単に写真を拡大(原寸表示)できます。お試しあれ!