--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.03.29(Tue):鉄道旅行
[ 石北本線 遠軽駅 ]
北海道旅行201601(119)
北海道旅行はついに最終日を迎えました。
楽しかった旅もこれで終わりかと思うと、駅に向かう足取りも重くなります。
何よりも、下白滝駅との別れを考えると、心が引き裂かれるような思いでした。

[ 石北本線 下白滝駅 ]
北海道旅行201601(120)

北海道旅行201601(121)
(写真はイメージ映像です)
特急「オホーツク2号」の車中から、通過する下白滝駅に別れを告げます。
最愛の人の遺影と共に、車窓を流れる下白滝駅に別れを告げました。
こらえようとしても、あふれる涙をおさえることができませんでした。

[ 石北本線 旧白滝(信)~上白滝間 ]
北海道旅行201601(122)
この日も美しく晴れ渡り、澄み切った青空が広がった白滝の大地。
次第に離れていく白滝の大地を見ていると、心の中に穴が空いたような寂寥感があふれてきました。

[ 新千歳空港 ]
北海道旅行201601(123)

北海道旅行201601(124)

[ 北海道上空の青空 ]
北海道旅行201601(125)
新千歳空港まで到達。
いよいよ北の大地とのお別れの時間がやってきました。
前述したとおり、今年の1月は雪が少なく、新千歳空港近辺も例年に比べ目に見えて雪が少ない状態でした。
白滝で白銀の世界を体験したのが遠い別世界での出来事に思えるような、(LMにとっては)寂しい光景でした。
やがて、LMを載せた飛行機は、青く澄んだ空へ飛び立っていきました。
しかしそのとき、LMの心は、外の青空とは裏腹に、涙雨が降りしきるような哀しみでいっぱいだったのです。
それでも、北の大地で最愛の人と約束したこと――
過去を振り返らず、未来を目指す
という約束を守るため、彼女の遺影に明日からまた頑張ることを誓ったのでした。



P.S.

この訪問で、LMは下白滝駅を始め廃止される各駅に、ある程度別離の覚悟をもってのぞんだつもりでした。
しかし、この時はまだ未練が強すぎたせいか、愛別離苦の感情ばかりが先走ってしまい、心の整理がつきませんでした
ですが、方々の協力によって実現した第二次(2月)渡道で、ようやく心のけじめをつけることができました。
その時の写真は今回のシリーズでは紹介できなかったので、機会があれば別に紹介したいと思います(ただし、2月の訪問時は、心の整理と別れを重視して写真をあまり撮らなかったので、あまり良い写真はないです)。


スポンサーサイト

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。