2016.11.05(Sat):その他写真(非鉄)

【 池島島内 】
池島旅行記(52)
坑内体験は午前・午後の2回となっている。
このうち、午前の部は、希望すれば坑外体験が可能だ。

池島旅行記(53)
坑外体験は、つまるところ島内の(石炭関連施設の)名所めぐりだ。
島内の主要な構築物を見て回ることができるばかりか、普段は立ち入り禁止となっている場所まで入ることができる。

池島旅行記(54)

池島旅行記(55)

池島旅行記(58)

池島旅行記(57)

池島旅行記(56)
炭鉱者のアパート跡から坑外体験は始まる。
炭鉱閉山で人口が激減したため、当然アパートの居住者はほとんどいなくなってしまった。
一部をのぞき、アパート群は廃墟と化している。
まさに「そして誰もいなくなった」というところか。

池島旅行記(62)
とあるアパートの一室にて。
アパート内は立入禁止だが、坑外体験なら特別に中へ入れる。
室内は観光者向けにある程度きれいに整理されているが、当時の面影を感じられる。

池島旅行記(59)
アパートの屋上から第一立坑(堅坑)方面を望む。
昼からもやが酷くなり、視界はあまり良くない。

池島旅行記(60)
ひときわ目立つ巻き上げ機は、かつては高速で坑道と地上を結んでいた。
昔は第一立坑付近も散策できたようだが、倒壊が進んだため現在は立ち入りが禁止されているらしい。

池島旅行記(61)
廃墟と化したアパートの間を越え、先に進む。
そびえ立つアパートの群れ、整備された道路――。
それなのに、そこにあるべき人の気配がない。
人類滅亡後の世界を歩いているような、不思議な感覚だった。


スポンサーサイト

Secret