2017.01.24(Tue):鉄道旅行

[ 函館本線 旭川駅 ]
北海道201608(36)
翌日、予定どおり、午前 4時20分に起床。
睡眠時間は3時間(涙)。
それでも、熟睡したせいか、頭が冴えていたのが救い。
滞在時間が短く、“泊まった”という印象の薄いホテルを後にし、駅前のコンビニで物資を調達する。
この日の訪問場所は、店や自販機が周辺にない場所が多い。
補給物資の事前調達は不可欠なのだ。

北海道201608(37)
旭川駅を 5:18に出発する始発特急「スーパーカムイ 2号」に乗り込む。
こんな時間に特急があるのも凄いが、始発列車が特急というのもある意味凄いことかもしれない。

[ 函館本線 深川駅 ]
北海道201608(38)
「スーパーカムイ」とは、次の深川駅で早々におさらば。
ここから留萌本線の旅が始まる。
この日は留萌本線探訪がメインだ。
リュックを持ったままでは重いので、預けるためコインロッカーを探す。
ところが・・・コインロッカーがない
以前は確かにあったはずなのに・・・。
駅員に聞いても「ない」というから、撤去されたかもしれない。
仕方なく重いリュックを背負い、留萌本線始発4921Dが待つホームに急いだ。

[ 4921D 車中 ]
北海道201608(39)
4921Dは、扱い上は普通列車となっている。
だが、深川~留萌間はほとんど快速と言ってもいいくらい途中の駅を通過する。
途中で停車する必要がないからか、4921Dは快調に飛ばす。
窓からは心地よい風が吹き込んできた。
乗車率は7~8割ほどだが、ほとんどが同業者らしい(汗)。
留萌~増毛間の廃止が決まっている(現在は廃止済)ので、訪問者が多いのだろう。
LMは今回その方面には行かず、他の駅を回ることになっている。

北海道201608(40)

北海道201608(41)
恵比島駅を過ぎると、列車は峠を登っていく。
SL時代は苦労したに違いないが、ステンレスの軽快な気動車にはたやすい坂。
軽々と峠のサミットに達すると、後は一気呵成に下っていく。

北海道201608(42)
そして・・・
この日、最初にLMが目指すべき駅が、文字通り「峠の下」に見えてきた。
留萌本線を旅する長い一日は、まだ始まったばかりだ。


スポンサーサイト

Secret