2017.02.19(Sun):駅探訪

 < 皆様へ >
ご無沙汰しており申し訳ありません。
18、19日とようやくまともに休みをもらいましたので、記事を更新します。
コメント・拍手等で応援ありがとうございました。
コメントのレスが遅れましたことをお詫びいたします。
本日の更新記事はこの下です。




[ 函館本線(砂原支線) 渡島沼尻駅  ]
今回は留萌本線に戻る予定でしたが、少し予定を変更し、既述した【2016.08 北海道旅行記】でも訪問した渡島沼尻駅を再訪したときの模様を掲載します。
・「旅行記」での渡島沼尻駅訪問記はコチラ → 
・渡島沼尻駅の駅紹介はコチラ → 

渡島沼尻201701(10)
渡島沼尻駅を再訪した。
冬に訪問するのは今回が初めてだ。
最愛の人と共にワクワクしながら訪問した。

渡島沼尻201701(2)

渡島沼尻201701(3)
函館を出た時は季節外れの雨だった。
しかし、渡島沼尻についた途端、雨は雪に変わった。
LMと最愛の人に贈られた雪の魔法のように。

渡島沼尻201701(4)
昨年の夏に初訪問したばかりだが・・・。
早くも駅舎に変化が見られていた。
昨年夏の写真も交えて変化した点を紹介したい。

渡島沼尻駅(5)

渡島沼尻201701(5)

渡島沼尻201701(6)
まずは、壁の板塀が一部剥がされてしまっていた
この部分は、昨年訪問したときにかなり朽ち、穴が空いていた(上の写真参照)ので、仕方なかったのかもしれない。

渡島沼尻駅(2)

渡島沼尻201701(4)

渡島沼尻201701(12)
玄関口-といっても、保線要員たちが出入りする場所だが-の庇にあたる部分の屋根は新しいものに取り換えられ、それを支える木枠も新しいものに変わっていた。
とはいえ、駅舎自体はあまり元のイメージを失ってはいないのが救いだといえる。

渡島沼尻駅(6)

渡島沼尻201701(7)
ちょっとショックだったのは、トイレ(上写真の右手)が解体されたこと。
ほぼ開業当時のものと思われる雰囲気にある便所だったが・・・。

渡島沼尻201701(1)

渡島沼尻201701(8)

渡島沼尻201701(9)
ブルーモーメントの時間を迎えた渡島沼尻駅は美しかった。
その光景を最愛の人と楽しみながら、写真にも残そうとしたが、この日は困難を極めた。
降りだした雪は勢いを増し、強烈な風と共にLMを襲ってきたからだ。
今回の旅は、三脚もかなりショぼいものしか持って来れなかったので、台風並みの風で吹き飛ばされそうになって困った。
それでも、カメラの性能にも助けられて、何とか撮影を続行した。

渡島沼尻201701(11)

再びの白銀物語(1)
夜の帳が下りてくると、状況はさらに悪化。
完全に吹雪になってしまい、写真を1枚撮るごとにレンズが雪で真っ白に覆われてしまう有様。
このため、1枚撮るごとに雪を落とすという状況になってしまった。
LM自身も全身雪で真っ白になってしまったが、撮影は継続。
この美しい氷結の夜を、写しとめておくことが最愛の人の希望だったから――。
遺影を掲げるのも難しいほどの状況で、それでも彼女にこの荒ぶる、しかし美しい夜の銀世界を見せながら、LMは寒ささえ感じずに写真を撮り続けていた。


スポンサーサイト

Secret