FC2ブログ
2008.12.24(Wed):駅紹介・筑肥線編

西相知駅(21)
今回は、これまでと趣を変えて、夜に訪問した西相知駅を紹介します。
この駅を何度も訪ねたLMも、夜に来るのは初めてです。
駅の周囲は暗く、ここが人里離れた駅であることを教えてくれます。
ただ、一言断っておけば、駅の近くには県道があり、交通量も多いので、秘境駅といった感じではありません。

西相知駅(22)
昼も人気のない駅ですが、夜は一層寂しさが増します。
ただ、人がいてもいなくても駅を明るく照らし出す外灯が、不安を幾分和らげてくれます。

西相知駅(23)
それにしても、人気のない山間の駅なのに、外灯がいやに明るいです。

西相知駅(24)
撮影中、霧が出てきました。
この方向の先には家があるはずですが、その明かりは霧に隠されたのか見えません。

西相知駅(25)
霧は次第に深くなり、駅を包み込み始めました。
その影響で、外灯の光も独特な趣となり、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

西相知駅(26)
破れかかった「家庭教師」の紙、
光に照らし出された古いベンチ
それらが何とも言えない侘しさを感じさせます。


スポンサーサイト




Secret