FC2ブログ
2018.02.18(Sun):鉄道写真

[ 四日市臨港線 四日市-四日市港間 ]
四日市DD51撮影(10)
四日市では外せない撮影ポイント、末広橋梁
1931(昭和6)年竣工、日本国内で現役唯一の可動橋で、可動橋として初の重要文化財指定された大切な鉄道遺産でもある。
千歳運河にかかる船が通れるよう橋が跳ね上げられる仕組みなのだが、LMが訪問したのは日曜日のため、残念ながら橋の跳ね上げ操作は行われなかった。
※日曜日は橋は下りたままで、跳ね上げ操作は行われない。

[ 塩浜貨物線(塩浜支線) 四日市-塩浜(貨物)間 ]
四日市DD51撮影(11)

四日市DD51撮影(12)
塩浜貨物駅に向かう単8173レ
塩浜貨物線は基本的にDD51重連が走る。
定番の陸橋からの1枚。

四日市DD51撮影(13)

四日市DD51撮影(14)

四日市DD51撮影(15)

四日市DD51撮影(16)
上記のDD51がタキ貨物を牽引し、折り返し8072レとなる。
撮影地点は上記陸橋の反対側。
晴れると逆光だが、初日小雨、2日目曇天で、逆光下での撮影は免れた。

なお、初日の撮影の際、傘を持っていなかったため、帰りはずぶぬれで最寄駅(近鉄海山道駅)まで歩いていたのだが、同業者(全く面識のない方)で親切にも傘をくれた人がいた。
本当にありがたかった。
この厚恩に、この場で御礼を言いたい。



[ 関西本線 富田浜-四日市間 ]
四日市DD51撮影(17)
このように、一見DD51の王国に思える四日市界隈だが・・・。
確実に「終わりの始まり」は近づいている。
2月に入り、DF200が運用を開始したようで、LMも見かけた。
これからDD51は確実に減勢し、DF200にとってかわられるのだろう。
DD51が元気なうちに、また撮影に来たいと思った。


スポンサーサイト




Secret