fc2ブログ

LM徒然草 ~駅と列車と情景と~

風情ある駅と自然豊かな鉄道、そして心に残る情景を求めて・・・

【天空の城】岡城跡(豊後竹田城)


[ 岡城跡(大分県竹田市) ]
岡城址(1)
先に紹介した「宇佐のマチュピチュ」はさながら“空中都市(あちらは空中集落というべきか?)”だが・・・
今度はさながら“空中城郭”の趣を見せる岡城(豊後竹田城)に行ってみた。

岡城址(8)

岡城址(4)
岡城は、海抜325メートルの台地に築かれた要害だ。
戦国時代の最中、豊後の大友氏と薩摩の島津氏が激闘を繰り返した頃。
九州統一を目指し北上してくる島津の大軍。
衰退した大友軍が総崩れとなる中で、18歳の武将・志賀親次が指揮する岡城は堅固に守ってこれを撃退した。

岡城址(2)
今の高石垣を巡らした近世城郭としての岡城は、その後に城に入った中川秀成が整えたものだとされ、本丸は1597(慶長元)年に完成したという。

岡城址(7)
城に上ってみると、“天空の城”とも言われるほどの高さがまざまざと実感できる。
この日は天気も良く、気持ちの良い眺めだった。

岡城址(6)
とはいえ、カメラを下に向けるのはかなりの勇気が必要
股下に妙な冷や汗をかいた(汗)。
高所恐怖症の人は目がくらむことは必至だ。

岡城址(5)

岡城址(3)

岡城址(10)
これだけの天険があるのに「まだ足りぬ、もっと強く」と言わぬばかりの強固な石垣。
見事に積み上げられた石垣も岡城の見どころのひとつだ。

岡城址(9)

岡城址(17)
岡城で最も有名な三の丸の高石垣。
ただでさえそそり立つような断崖という天険があるうえに、さらに堅固な石垣がそそり立つ。
まさに“難攻不落”という言葉がふさわしい。

岡城址(11)

岡城址(12)
階段を乗り越え、本丸へ突入する。

岡城址(14)
本丸も眺めが良い。
周囲は自然に満ち溢れ、心が洗われるような快さだった。
天気も良いので、清々しい気持ちになった。

岡城址(13)
本丸を遠望する。
石垣で固く守られているのが良く分かる。
こうしてみると、まさに「天空の城」の呼び名がふさわしく思える。

岡城址(15)
岡城と言えば、この人を忘れるわけにはいくまい。
音楽家・瀧廉太郎(1879~1903)。
少年時代を竹田で過ごした彼は、荒れ果てた岡城の印象が強かったと言われ、それがかの名曲「荒城の月」の作曲につながったとされる。
~むかしの光いまいずこ
あの独特な哀調を帯びた曲は、この城によく似合うと思う。

岡城址(16)
LMの城訪問では珍しく、天守や櫓などのない城“跡”の訪問だったが、天気が良かったこともあり、とても素晴らしい印象を持った。
その美しい光景が、鬱々した精神を穏やかにし、心を晴らしてくれるような気がした。
近くに行かれたら、ぜひ訪問をお勧めしたい場所だと思う。


スポンサーサイト



テーマ:城の写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/06/11(火) 00:00:01|
  2. その他写真(非鉄)
  3. | コメント:2
<<【深刻】ネタ切れ・・・ | ホーム | 【伯備線】陽の長い季節の伯備線貨物撮影~令和元年版>>

コメント

私の好きなお城です。私は天守が無いいわゆる城跡を好みます。(人吉とか盛岡とか)
初めてこの城を訪れたときは、今ほど整備されておらず、もっとひっそりとした感じでした。
樹々もそうとう伸びてきたのか、石垣の眺めもさえぎられているように見えます。
  1. 2019/06/18(火) 17:23:00 |
  2. URL |
  3. とっしー #-
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しております

とっしー 様

こんばんは。
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございました。

> 私の好きなお城です。私は天守が無いいわゆる城跡を好みます。(人吉とか盛岡とか)
私はこれまで天守がある城を重点的に見てきましたが、この城は天守(や構築物)のない城の良さを教えてくれますね。
今後もまた、こういう城を巡ってみたいです。

> 初めてこの城を訪れたときは、今ほど整備されておらず、もっとひっそりとした感じでした。
> 樹々もそうとう伸びてきたのか、石垣の眺めもさえぎられているように見えます。

そうですか。まあ、放っておくと木もどんどん伸びてきますからね・・・。
ただ、あまり伸びすぎると木が石垣を破壊してしまうということで、一定のところで木を切る方向性ではあるようなので、
適度に管理されているとは思います。
  1. 2019/06/19(水) 00:04:30 |
  2. URL |
  3. LM #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このブログについて

LM

Author:LM
鉄道旅行が趣味(&気晴らし)のLMが、旅先で出会った駅を下手な写真と駄文で紹介するブログです。
2010年以降は鉄道写真も多くなっています。

[ 趣 向 ]
風情あふれる木造駅舎とローカル線、SLが大好き。都会近辺の路線はやや苦手です。
廃墟系の建物や独特の雰囲気の建物、美しい自然も愛でています。

[ 構 成 ]
基本的に、LMがメインです。
他に、高校時代からの友人にして、このブログの共同経営者・Kが一部の写真撮影を担当しています。Kは夜勤が多いので、平日昼間の撮影に重宝しています(笑)。
このほか、表立っては出ませんが、LMやKの知り合いの女性たちが黒幕?として存在してます。

[ 機 材 ]
LM:
・Nikon D500(メイン機)

K:
・Nikon D7200(メイン機)

これまでの下車客

多分、新しい記事・・・のはず

御意見箱

乗換案内

このブログをリンクに追加する

この駅の歴史

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

ブログランキングに参加中!

FC2Blog Ranking

↑クリックしていただけると嬉しいです。

検索フォーム

pictlayer

写真拡張表示機能

写真を拡大表示するプラグイン。クリックで簡単に写真を拡大(原寸表示)できます。お試しあれ!