FC2ブログ
2009.01.22(Thu):鉄道旅行

昨日の記事に含めても良かったのですが・・・。
記事を稼ぐため、あえて別々にしました(笑)。

判官岩(1)
日高本線において、写真撮影の名所のひとつとして知られるのが、ここ判官館(はんがんだて)です。
相変わらず、写真が下手ですみません(T-T)
何度かここを撮影した写真を見て、いつか自分もここに行ってみたい、と思ってはみたものの、場所がさっぱり分からないのが悩みでした。
しかし、
待合室 ~Railway scenery photograph gallery~ 
管理人・hiro(裕)様から大変ていねいにご教授をいただき、ついに来ることができました。
実際に来てみると、地図などを見て想像していたよりもずっと駅に近い(新冠駅から徒歩で10分程度)ことに驚きました。

判官岩(2)
判官館の名は、源九郎判官義経(源義経)に由来するとされています。
もちろん、史実の源義経は衣川で討ち死にするわけですが、「判官贔屓」もあり、彼が北方に逃れたという伝説が、昔から伝わってきました。
ものによっては大陸にわたり、ジンギスカーンになるという壮大な話もありますが・・・。
その話はさておき、北方に逃れた源義経がここに上陸した、という伝説が伝わっているそうです。

判官岩(3)
今はコンクリートで覆われていますが、昔は岩が剥き出しの荒々しい地形でした。
その頃は今よりももっと雄大な景色だったのですが・・・。
まあ、列車の安全運行のためにも、やむをえないでしょうね。
なお、以前の判官館の様子については、先ほど紹介しました
待合室 ~Railway scenery photograph gallery~
様の“日高本線”のカテゴリにも掲載されています。
LMと違って写真がとても素晴らしいので、一見の価値ありですよ。


スポンサーサイト




Secret