FC2ブログ
2019.12.17(Tue):廃線探訪

[ 旧深名線 添牛内駅跡 ]
令和初の北海道(49)

令和初の北海道(50)
添牛内駅跡は、前回(2013年)訪問時とほとんど変わっていない。
相変わらず木造駅舎の状態は良好で安心した。
ただ、向かって右側の屋根が少し曲がっているのが気にはなる(前回はなかった)。

令和初の北海道(51)
遠目に見たら、現役の駅舎に見えるかもしれない。
沼牛駅跡のように窓を復元したら、さらにそう思えるようになるだろう。

令和初の北海道(53)

令和初の北海道(52)
前回は草が繁茂してまともに確認できなかったホーム側も、今回は確認できた。
正面に比べれば荒れ具合が目立つが、これでもよく残っている方だろう。
この駅も、沼牛駅跡のようなひさしがあったはずだが、鷹泊駅跡と同じように崩落したものと思われる。
北国の自然はやはり厳しい。
それでも、ここまで手入れして残してくださる方がいることに感謝しかない。


スポンサーサイト




Secret