FC2ブログ
2020.01.06(Mon):廃線探訪

※だいぶダラダラ続いてます(汗)が、引き続き昨年夏の北海道旅行記を続けます。

[ 旧深名線 朱鞠内駅跡 ]
令和初の北海道(54)
朱鞠内駅跡は、前回(2013年)訪問時には時間の都合で探査していない
朱鞠内駅は、深名線が廃止になる前、LMが本路線を完乗した時に唯一降り立つことができた駅だった。
その時に写真を撮ったはずだが、残念ながら現存していない。

令和初の北海道(55)
現在の朱鞠内駅跡は公園化され、その一角にはバスの待合所が設置されている。
当時の駅舎などは何も残っておらず、ただ駅名標とレールだけが、ここに駅があったことを物語っていた。
今回は訪問していないが、保存状況は前回訪問した幌加内駅跡と似たり寄ったりと言える。
どことなく寂しい光景だが、手前の花壇がわずかばかりの華を添えていた。

令和初の北海道(56)
深名線現役の頃、唯一降りた駅だけに思い入れもあるが、ほとんど何も残っていないので、昔を偲ぶよすがもない。
しかし、駅前付近の雰囲気を不思議と覚えていて、ナビを見るまでもなくこの周辺に朱鞠内駅跡があると感じ、実際そこが駅の跡だった。
それだけ、記憶の片隅に刻まれているということなのだろう。
訪問当時の写真をなくしたのが悔やまれてならない。
それがあれば、貴重な記録となろうものを・・・。
だからこそ、今を撮影し記録することの大切さをいつも感じている。


スポンサーサイト




Secret