FC2ブログ
2020.12.01(Tue):その他写真(非鉄)

環境芸術の森(6)
いささか旧聞に属するが、「環境芸術の森」での紅葉撮影の写真をあげておきたい。
今年になり一度は紅葉を撮りたいと思いつつなかなか撮影の機会がなかったが、SL「鬼滅の刃」の撮影後のタイミングで、比較的近場ながら未だ行ったことのなかった紅葉の名所、環境芸術の森に行くことにした。

環境芸術の森(1)

環境芸術の森(2)

環境芸術の森(3)

環境芸術の森(4)

環境芸術の森(8)
環境芸術の森は、1万本を超える紅葉があり、その広大さは佐賀県下最大だ。
とある造園士の方が、40年近い年月を費やして植樹されてこられた森だ。
その方は早くに息子さんを亡くされ、その時に「人が健康に生きるには、良いものを口にしなければならない。そのためには、海につながる水が美しくなくてはならない」という思いを抱かれこの森を造られるに至った。
そのため、浄水作用の高い広葉樹を主に植樹されている。
紅葉の美しさはまさに絶景だが、新緑の頃も美しいという。

環境芸術の森(7)

環境芸術の森(5)
ここの圧巻の景色は、域内にある「風遊山荘」からの紅葉の眺めだ。
漆のテーブルが外の景色を映し出し、鏡面のような紅葉が見られる。
大勢の客を乗り越えLMがテーブル前に着席した時には、生憎外の天気が崩れ出し、ドン曇りで紅葉も暗くなっており、あまり良い撮影環境ではなかった。
しかし、それでもそのあまりの絶景はLMを圧倒した。
大勢の客がいて賑々しいにも関わらず、テーブルに座った瞬間、まるで音がしなくなったかのような感覚
息苦しくなるほど感動的な光景
何かに憑かれたかのようにシャッターを連写する。
もちろん、後ろに人がぞろぞろいるので、あまり長居はできない。
なので構図合わせもそこそこの撮影だったため、うまく鏡面になっていないなど失敗もあったが、その光景の美しさは文字通り神秘的だった。
来年、機会があれば、また行きたいと思う。


スポンサーサイト




Secret