FC2ブログ
2009.02.10(Tue):駅探訪

金武駅(1)
今日もMRからご紹介。
今回は金武駅です。
何かMRが連続で続いていますが、シリーズ化しているわけではありません(苦笑)。
悪しからず。

金武駅(2)
金武駅には忘れえぬ思い出があります。
かつて、まだ幼かった頃の話、とある駅の近くにある家に行きました。
と言うより、「行ったらしい」です(記憶があいまいな部分もあるので・・・)。
恐らくは、親の知り合い(LMは、今でもその人を全く知りません)の家だったのでしょう。
何の用事だったかはしりませんが、まだ小さかったLMもトコトコついてきました。
当時から鉄道が好きだったLM。
我が家は駅にも線路にも遠いため、LMは大喜びで外に飛び出し、ワクワクしながら線路端で列車を待っていました。
当時は、まだMRではなく国鉄松浦線時代で、国鉄車両が何往復も行き過ぎていきました。
その思い出はずっと後まで記憶にあったのですが、実は、成長するまで、その場所がどこだか分からなかったのです。
高校生になり、ある女性の手引きで初めて(?)この駅に降り立った時、かすかに残っていた記憶が鮮やかに蘇ったのでした。
小さい頃、LMが国鉄色に塗られたディーゼルカーが通り過ぎるのを胸躍らせて眺めていた駅――。
それが、この金武駅だったのです。
高校生時代にはすでにMRに転換しており、国鉄車両とは似ても似つかぬ車両が走っていましたが、駅周囲の景色はほとんど変わっていませんでした。

金武駅(3)
金武駅を紹介してくれたのは、T嬢という女性です。
筑肥線でたびたびその名が出るR嬢の知り合いでもあり、彼女から感化されて“駅好き”な高校生になっていました。
LMの周りにはこうした“駅好き”な女性が何人かいますが、この2人は「筑肥線愛好会」なるサークルまで作っていました(苦笑)。
T嬢には、筑肥線にも肥前長野駅という大好きな駅があるのですが、それと並んで好きだったのが、この金武駅だったのです。
この写真では分かりませんが、駅のすぐ近くを川が流れる心地よい場所で、閑静でもあり、ゆっくりと考え事をするのに良い場所なのです。
LMは、T嬢のいろいろな悩み事を相談されましたが、その相談場所に指定されていたのが、この駅でした。
R嬢は残念ながら夭折しましたが、T嬢は健在で、このブログの陰の後援者のひとりでもあります(笑)。

金武駅(4)
駅ホームに停車する普通列車(MR-602)。
江迎鹿町駅の項でも紹介したMR-600形車両です。
ホームの下から撮ったので、変なアングルになっていますが・・・。
MRの運営する路線は、正確には西九州線と言いますが、同じ路線でも伊万里~有田間と伊万里~佐世保間は完全に区切られており、直通する列車はありません。
MR最新車両のMR-600形は、これまでと伊万里~佐世保間のみに配備されていましたが、最近は数が増えたことから伊万里~有田間でも見ることができるようになりました。
それはそれで嬉しいのですが・・・。
もう、この路線を国鉄(色の)列車が走ることはないというのが残念です。
遠い過去の記憶と同じ情景が蘇ることはありませんが・・・。
その雄姿は、未だ記憶から離れないLMの心の中に、いつまでも刻まれ続けることでしょう。


スポンサーサイト




Secret