FC2ブログ
2009.06.25(Thu):駅紹介・三江線編

千金駅(1)
三江線駅紹介シリーズ、今日は千金駅を見ていきたいと思います。
千金」で「ちがね」駅と読むわけですが・・・。
読めそうで読みにくい駅ですね(苦笑)。

千金駅(2)

千金駅(3)
千金駅ホーム。
上が三次方面、下が江津方面です。
千金駅に車で行こうとする場合、ここに至る道は、道幅も狭く、訪問するのは大変です。
しかも本道(「本道」とは言えかなり狭い道なのですが)から入り込んだ場所にあり、見つけにくいです。
駅自体は、ごく普通の1面1線の単純な配置です。
たまたま咲いていた花が彩りを添えていましたが、少し時期外れだったようで、散った花も多く残念。
花の周りには、多数のハチがブンブン飛び回り、結構危険な撮影でした(汗)。

千金駅(4)
ホーム上の待合所。
木造ではないようで、煉瓦とブロックをコンクリで固めた建物のようです。
味気ない建物ですが、浜原~口羽間の、コンクリで固めた画一的な駅(事例1事例2)に比べれば好感が持てます。
煉瓦らしい外壁が独特で、少しだけいい雰囲気を出しています。

千金駅(5)

千金駅(6)
駅舎内部。
殺風景ながら、散らかったりすることもなく整然と整備されています。
屋根付きベンチだけの待合室よりも、やはり四周を壁で守られた駅舎が落ち着けますね。
戸を閉め切ると、時計の音だけが聞こえる静けさに包まれます。
周囲に家はあまりないようですが、どれくらいの人がこの駅を利用しているものなのでしょうか。


スポンサーサイト




Secret