FC2ブログ
2008.09.21(Sun):駅探訪

青部駅(1)
大井川鉄道の魅力を紹介するシリーズ第3弾。
今回は、大井川本線青部駅をご紹介します。
青部駅は、木造の渋い駅舎が郷愁を誘う、閑静な駅です。
辺りはお茶畑に包まれています。

青部駅(2)
この駅を最初に知ったのは、静岡県出身の大鉄大好きっ娘・Y嬢の情報からでした。
この駅は、彼女が特に大好きな駅で、以前こちらに住んでいた時は、時間があると本を片手に時間を潰していたこともあったそうです。
LMの初訪問は2005年。尾盛駅に行く途上、この駅にも立ち寄り、その雰囲気にすっかり魅せられてしまいました。

青部駅(3)
久しぶりの再訪。
ホームに降り立つと、大井川が近く、朝だったせいもあり、清々しい空気でした。
期待を裏切らない雰囲気です。
しかし・・・駅舎を見て、ふと違和感を感じました。
すぐにはその原因が何か分かりませんでしたが、駅舎に近づいてみてその原因が分かりました。
どうやら、前回訪問後に改修が施されたらしく、壁の塗装やひさしのトタン屋根が新しくなっていたのです。
割と新しく感じましたが、いつ改装されたかまでは分かりません。

青部駅(4)
新しく設置された駅名板
以前はなかった気がしますが、確信を持ってまでは言えません。
改修されたとは言え、レトロな雰囲気は全く変わっていません。

青部駅(5)
無人駅なのですが、“駅長”の札が。
かつては有人駅だったらしいので、以前、駅長室だった場所なのでしょう。
この札、以前はなかった覚えがあるので、新しく付けられたのでしょうか。
こんな雰囲気のいい駅なら、駅長になってみたい気もするなぁ。
元は、このあたりの壁に駅名標がありましたが、今は撤去されている模様。

青部駅(6)
駅舎側から千頭方面を臨む。
この辺りから千頭方面にかけて、有名な“青部坂”が続きます。
SLの写真撮影をされる方には、格好のポイントとなっています。

青部駅(7)
反対側の金谷方面は、写真では分かりづらいのですが、桜並木があり、春には絶好のポイントとなります。
しかし・・・たまたま駅で知り合った、写真撮影を趣味にしておられるおばさん(友人に連れられてSLを見て、その魅力に惹かれたということでした)の話では、春は多くのカメラマンが並び、大変殺伐とした空気のようで、“初心者”はとても近づきがたい雰囲気だそうです・・・。

青部駅(8)a

青部駅(8)b
青部駅のホームや駅舎の前は、周囲の人々が手入れしてくださっているのか、色とりどりのが咲き乱れていました。
この雰囲気のいい駅を、より心地よい空間にしてくださっている皆様に感謝です。

青部駅(9)
静寂が支配する駅舎の中・・・。
静かに物思いにふけったり、読書をするには最適の空間。

station(1)
筆者が好きな、改札口からホームを臨む構図。
今回、ちょっとトリミングに失敗したなと思いましたが、植えられた花の美しさがそれを補ってくれました。

青部駅(10)
駅名標も花に包まれています・・・。

青部の吊橋(1)
駅の近くにある吊り橋
筆者はこういうのが大好きで、揺れるのも全く平気ですが、友人のKは私が少し揺らすと怖がります(笑)。
とは言え、この橋、
青部の吊橋(2)
という注意書きが書かれているので、わざと揺らしたり走ったりするのはやめた方がいいかも・・・。
実際、板もかなりきしみが激しい気がしましたし。

スポンサーサイト




Secret