FC2ブログ
2009.07.03(Fri):駅紹介・三江線編

宇都井駅夕景(5)
三江線の駅紹介も終わったところで・・・。
今日は、「私の好きな三江線の駅BEST5」を企画してみました。

川平駅(10)
三江線には魅力的な駅が多くあります。
その中でも、LMが特にお気に入りの駅をピックアップしてみました。
皆様も、前回の記事のショートカットから各駅を巡り、ネット上で「三江線駅巡りの旅」を“体験”されるのも一興と思います。
そして、その中から好みの駅を探してみてはいかがでしょうか。
では、LMの好きな駅BEST5をご紹介します。



第1位・・・宇都井駅
宇都井駅(4)a
駅の紹介でもふれたことですが、この駅はLMにとって子供の頃から興味の対象であったという、思い出深い駅です。
というわけで、思い入れの年季が違う(?)ので、堂々の1位です。
そもそも、この駅がなければ三江線に興味を持つことすらなかったかもしれません。
もちろん、この駅が1位なのは、過去の思い出からという感傷的なものばかりではありません。
高くそびえるコンクリートの威容、それを取り巻く景色のアンバランスさ・・・。
異様ながらも魅力にあふれる駅であるからです。
夜の宇都井駅を見て、新たな一面を発見してからは、ますますこの駅が好きになりました。


第2位・・・鹿賀駅
鹿賀駅(3)
最近、大きな位置付けを占めるようになったのが、この鹿賀駅です。
江の川が見れたり、特別に風格のある駅舎があったりはしないのですが・・・。
待合所、特有のカーブを持つホーム、周りの環境など、この駅が持つ独特の趣が好きです。
駅の近くには割と家が多いのですが、その全てが駅の背後にあるため、待合所の扉を締め切ると、静寂に包まれた中で、緑豊かな自然をゆったりと楽しめます。


第3位・・・石見簗瀬駅
石見簗瀬駅(2)
第3位は、結構悩ましいところですが、石見簗瀬駅に決めました。
木造の駅舎がいい味を出しています。
他にも木造駅舎はありますし、待合室もそう広くはない(むしろ狭いくらい)のですが、何とも言えない居心地の良さを感じるのです。
駅舎だけでなく、ホームの居心地がいいのも特徴かも。
ホームで吹かれる風の心地よさは忘れられません。
ただ、6月初旬に訪問した際は、虫が室内にたかっていて少し幻滅しました(苦笑)。


第4位・・・川平駅
川平駅(2)
第4位は、川平駅に決めさせていただきました。
独特の風格を備える駅舎が何よりもポイント高いです。
しかし、駅舎だけでなく、駅の構内も静かで落ち着ける雰囲気があります。
駅全体に“品の良さ”とでも言えそうな和やかな空気が満ちています。


第5位・・・潮駅
潮駅(4)
第5位は、なかなか難しい選定になりました。
上位を見ると、三江線の景色を彩る江の川が見える駅がないため、“川を臨める駅”が候補に挙がりました。
川を臨める駅と言うと、ここに挙げた潮駅以外にも、信木駅江津本町駅などがあり、悩ましい判断になりましたが、訪問した回数、待合所に座っていても江の川を眺められること、そして何より桜の頃の印象が強かったこともあり、潮駅で決まりました。

次点は、ここで選外になった信木駅江津本町駅、秘境駅の長谷駅など、魅力的な駅がたくさんあり決められないくらいです・・・。


以上のような結果になりました。
皆様の結果はどうなりましたでしょうか。
ただ、やはり自ら足を運んで、その駅を実際に体感してこそ駅の良さも分かるというもの。
まだ訪問したことのない皆様は、機会があればぜひ訪問していただきたいですね。
自分の選んだ駅を訪ねる旅に出るのも面白いかもしれません。
このブログが皆様と三江線をつなぐ役目を果たせたら幸いです。


スポンサーサイト




Secret