FC2ブログ
2009.06.21(Sun):鉄道写真

三江線の駅紹介中ですが、今日はちょっと脱線記事を。

昔なじみ
長崎本線肥前七浦駅
古き良き木造駅舎が魅力の、昔ながらの風情を残すこの駅で、その列車を待ちます。

青い流星(1)
待ち受けるLM(+同業者)の耳に、独特の汽笛が響き渡ります。
陽炎に揺れるトンネル、その向こうに見えてきたものは・・・

青い流星(2)
九州では“絶滅”したはずの「青い流星」ブルートレイン
JR九州特別企画「ありがとうブルートレイン」の第一弾として、20日は「あかつき」、21日は「みずほ」として復活しました。
懐かしい「あかつき」のヘッドマークも誇らしく、久しぶりの長崎本線を快走します。
以前「あかつき」をけん引していたのは電気機関車でしたが、この日、ブルトレけん引の栄誉を担ったのはディーゼル機関車のDE10です。

青い流星(3)
事前の情報で、DE10がブルトレをけん引すると知った時、正直な話「ブルトレのけん引役には役不足では?」と思いました。
しかし、単機だと(勝手に)思い込んでいたLMの前に現れたのは、重連のDE10
もっとトコトコゆっくりやって来ると思っていましたが、思いのほか速く、力強く走りぬけて行きました。
赤い重連DE10と、ブルトレの青い車体のコントラストが印象的です。

青い流星(3)
スピードを上げたまま、「あかつき」は肥前七浦駅を通過。
考えて見れは、肥前七浦駅の古い駅舎は、ブルトレ全盛時から“彼女”が通過するのを見守り続けてきたわけです。
この日、昔といささか違った装いとはいえ、古い馴染みのブルトレが久々に通過するのを歓迎したに違いありません。
お帰り、気高くも美しい青き流星

青い流星(4)
緑豊かな七浦の景色の中を、「青い流星」が駆け抜けていきます。
昔はよく利用していた「あかつき」のテールマークも、懐かしく郷愁を誘うものになってしまいました。
ひと時だけの“”は、明日「みずほ」と名を変え、再びこの駅を通過します。
・・・明日はこれそうにないなぁ(涙)。

青い流星(5)
おまけ。
昔懐かしい「青い流星」の後は、新型のスマートな「白いかもめ」が通過して行きました。


スポンサーサイト




Secret