FC2ブログ
2009.07.16(Thu):駅探訪

肥前七浦駅(16)
前回紹介した、昔ながらの木造駅舎が魅力肥前七浦駅
何となく夜に訪問したくなり、機会を見つけて訪問してみました。
夜の肥前七浦駅は、期待以上に素晴らしい雰囲気を醸し出していました。
※写真は6月撮影のものです。

肥前七浦駅(17)
誘われるように優しくて美しい駅の灯・・・。

肥前七浦駅(18)
梅雨らしい、シトシトと雨の降る夜――
雨よけのひさしは「駅の利用者を雨から守る」仕事をしっかり果たしていました。

肥前七浦駅(19)
待合室に飾られた紫陽花が何とも印象的です。
駅の灯にライトアップされて、昼とは違う魅力を湛えています。
それにしても、木造駅舎紫陽花の、何とお似合いの組み合わせであることか――。

肥前七浦駅(21)
雨に濡れて、幻想的な雰囲気さえ漂う駅構内。
雨の晩は、時折星降るような晴れの夜よりも神秘的な世界を私たちに見せてくれます。

肥前七浦駅(20)
おかえりなさい」と迎えてくれるような、優しい雰囲気の改札口
無人の駅――特に木造駅舎のある駅――は、時として有人の駅よりも、優しく、人間らしい温かさに満ちていることがあるものなのです。


スポンサーサイト




Secret