FC2ブログ
2009.09.26(Sat):駅探訪

記事に書きたいことはたくさんあるのですが・・・。
仕事が忙しいのと、体調不良でなかなか落ち着いて記事を書けません(泣)。
仕方がないので、以前書いておいたストック記事を出す(お蔵出し)で、何とかこの急場を凌ぎたいと思います。

波多浦駅(1)
・・・ということで、本日紹介するのは三角線波多浦駅です。
以前、春の青春18きっぷでKが各地を放浪した時に撮影したものです。

波多浦駅(2)
波多浦駅の待合所を臨む。
小さな駅ですが、屋根付きの待合所には、近距離用の乗車券自動販売機が設置されています。
また、屋根付きの待合所の他に、プレハブ造りのような待合所も併設されています。
駅の背後では、覆い被さるように桜の樹が枝を伸ばしています。
ちょうど訪問期が春だったので桜が咲いていますが、まだ4月5日という時期にも関わらず、桜ははや大半が散ってしまっています。

波多浦駅(3)
待合所内部。
中はそれなりに広く、こういう小さな駅の待合所には十分な広さでしょう。
前も何度か書きましたが、屋根付きだけの待合所よりも、こうしてちゃんと四方を壁に囲まれた建物の方が、風雨を凌ぐには心強いですからね。
室内には水道も通っており、普通の蛇口のほかに
波多浦駅(4)
水飲み用の蛇口もあります。

波多浦駅(5)
波多浦駅ホーム(三角方面)。
散り急ぐ桜の花びらでホームは覆われ、“桜のじゅうたん”状態になっています。
波多“浦”という駅名ですが、残念ながら周囲に海は見えません。
しかし、資料によると以前は海だったそうで、江戸時代から続く干拓により陸地になったようです。
写真に写っている車両はキハ200系ですが、その赤い車体は、海沿いを走る三角線にはいまひとつ似合わない気もします。

波多浦駅(6)
波多浦駅ホーム(熊本方面)。
周囲に人家はそれなりにあるのですが、閑静な雰囲気に包まれた駅です。
ホームには猫がいますが、ひとつ前の写真にも猫がこっそり登場しています。
この猫、ホームにも
波多浦駅(7)
待合所にも
波多浦駅(8)
居座り、すっかり駅長気分です。
しかし、残念ながら、某駅の猫のように、“駅長”として歓迎はされていないらしく、
波多浦駅(9)
こんな看板が。
駅と猫の“共生”も、なかなか難しいようです。


スポンサーサイト




Secret