FC2ブログ
2009.10.08(Thu):駅紹介・三江線編

黄昏の長谷駅(1)
シルバーウィーク三江線訪問記の最後を飾るのは、秘境駅としても知られる長谷駅です。
いつか長谷駅の黄昏時を撮りたい――と思っていましたが、今回、その願いがかないました。

黄昏の長谷駅(2)

黄昏の長谷駅(3)
黄昏を迎えつつある時間帯の待合所。
ホームには電灯があるものの、待合所の中には灯りがないので、夜になると真っ暗になります。

黄昏の長谷駅(4)
以前、長谷駅について書いた記事の中で「ホームからは川が見えない」と書いていましたが、ホーム端まで来れば見ることができます。
ただし、電線類が多くて眺望は決して良くありません
川を主体に撮りたい場合は、やはり道路まで降りてから撮影した方がいいかと。

黄昏の長谷駅(5)

黄昏の長谷駅(6)

黄昏の長谷駅(7)

黄昏の長谷駅(8)

黄昏の長谷駅(9)
次第に夜の帳が下りてくる世界。
少しずつ暗闇に染まっていくホームを、外灯が優しく照らし出します。
この景色を撮りたかった・・・。
ようやく見ることがかなったその景色は、想像以上に美しいものでした。

黄昏の長谷駅(10)
立ち去る前に、名残を惜しむように撮影した長谷駅の全景。
待合所はすでに真っ暗にっていますが、夜闇が迫る蒼い空と優しい灯の照らし出す駅は、どこまでも幻想的な光景でした。
この時間に来てよかった、と心から思うとともに、後ろ髪引かれる思いで駅を後にしたのでした。

(SW三江線再訪問記・了)


スポンサーサイト




Secret