FC2ブログ
2009.12.03(Thu):山口線(SL関連)

[ 山口線 船平山~津和野間 ]
白井伐採地(1)
今日ご紹介するのは、通称“伐採地”と呼ばれる場所です。
LMが“竹藪”で撮影していた頃、I氏とKはこちらで撮影していました。
“伐採地”は、その名の通り木が伐採され、禿げ山状態になった高台にあります。
撮影場所は山の尾根にあたる部分になるわけですが、何せ目前の木が伐採されているので遮るものとてなく、素晴らしい俯瞰を得ることができます。

白井伐採地(2)
しかし、写真を見てもお分かりの通り、その高さは結構なものです。
LMのように体力がない(汗)人間には、到底同行できぬ撮影地です。
途中の行程にしても、道が整備されているわけでもなく、獣道程度の道しかありません。
途中には危険な箇所がいくらかあり、よほど山に慣れた健脚の人間でないと、登るのは困難でしょう。
この時期はまだいいのですが、暑くなってくると危険なマムシなどもウヨウヨしているそうですし(滝汗)。
初心者の方がいきなり挑戦するのはかなり無理のある撮影地です。
これまで紹介した二反田や竹藪なら普段着程度でも行けますが、ここは厳重な装備が必要です。

白井伐採地(3)
今回、初心者であるKが登れたのは、やはり、この地に慣れたI氏の案内と手助けがあったればこそでしょう。
無論、彼がLMよりはよほど体力があるからでもありますが・・・。
どうしてもここに行かれたい方は、この地に十分慣れた人を案内役にした方がいいでしょう。

白井伐採地(4)
ともあれ、ここでは、もはやSLさえも景色の一部と化しています。
雄大な自然の中では、間近で見るとあれほど迫力のあるSLさえも、ほんの小さな存在にしかすぎません。
しかし、高く吹き上げる煙が“SLここにあり!”と訴えているかのようで、小さいながらも不思議な存在感を示しています。
他の列車には出せない存在感。
私たちがSLにひかれてやまないのは、その圧倒的な“存在感”に憧れるからかもしれません。

(2009.11.15)

※追記(注意事項
 前回の竹藪や今回の伐採地などは、撮影地に入るにあたって許可が必要な場所があります。
 撮影地付近の看板にも、その旨の注意をうながしてあります。
 できれば地元の方の許可をもらって入ったほうがいいでしょう。


スポンサーサイト




Secret