FC2ブログ
2010.01.18(Mon):四季彩・筑肥線

[ 筑肥線 駒鳴駅 ]
九州雪国紀行(11)

九州雪国紀行(12)

九州雪国紀行(13)
吹雪のような雪の華が世界を覆う――。
北の国かと見まがうような、銀世界の駒鳴駅
つい先日まで立っていた北の大地にも劣らぬような、白の世界でした。

九州雪国紀行(14)

九州雪国紀行(16)
夜の帳と雪が、余計なものを全て覆い尽くす、荘厳な世界。
全てを白に包み込んだ銀世界の美しさを感じさせてくれた。

九州雪国紀行(17)
柔らかい絹を思わせる、誰にも踏み荒らされていないホームの雪。
神秘的なものさえ感じてしまう。

九州雪国紀行(18)
70年近い風雪に耐えて、駅を見守る井戸。
この銀世界を、何度眺めてきたことだろう。

九州雪国紀行(20)
安全確認のためのミラーも、今日は役立たず。

九州雪国紀行(19)
暗闇の中で、駅の光が照らし出す雪の世界は、とりわけ輝いて見えた。

(2010.01.13)


スポンサーサイト




Secret