FC2ブログ
2010.07.14(Wed):キハ58系

回9482D(1)
事前に収集したダイヤ情報によると、回9482Dは、宮地駅にかなり長く停車する予定になっていました。
いったん側線に入るくらいですから、何らかの時間調整が必要とされたのでしょう。
こうした事情から、豊後竹田駅まで列車で行ったとしても、宮地駅での撮影時間は十分に確保できるはずでした。
ところが・・・。
この日は雨が降り続いたため、ダイヤが大幅に狂っていました∑(;゚Д゚)ゝゲッ
LMの撮影地点周辺ではさほどでもなかったのですが・・・。
九州南部で大雨だったので、連鎖的に遅れていたのでしょうか。
ともあれ、帰路の列車は30分以上も遅れて宮地駅に滑り込みました。
そのせいで、十分余裕のあるはずだった宮地駅での撮影は、全く余裕のない撮影になってしまいました(T-T)

回9482D(11)
暗闇の中、側線に停車するキハ58+65
夜の闇の中で見るキハ58+65は、昼間見る姿とはまた一味違った魅力を持っています。
とは言え、暗い中、三脚も使わず、手持ちで撮影するのはなかなかに困難でした(汗)。
やむなく、画質の劣化には目をつぶり、ISO感度を高くすることで対応します。

回9482D(12)

回9482D(13)

回9482D(14)
しばらくすると、回9482Dは、側線から出てホームに入線し直してきました。
次の撮影地へ行く時間を気にしつつも、ギリギリまでは撮影しようと、懸命にがんばります。
写真の出来はダメダメですが、こんなヘボ写真の撮影にも、かなりの労力を傾注させられました。
ホームにいても、霧雨が風で吹き込み、カメラもレンズも濡れそぼった状態。
そのため、撮影してはレンズについた水滴を拭うような始末でした。

回9482D(15)
出発間近のキハ40系と並ぶ光景。
今となっては貴重な光景かも。
ホームの両端に停車するキハを撮影するのは、簡単そうでなかなか困難。
普通のレンズでは入りきらないところでしたが、広角レンズ(10~24mm)の威力で何とか収まりました。
駅での撮影では、広角レンズがいろいろと役に立ちます

回9482D(16)
一通り撮影が終わると、ダッシュで次の駅に向かいます。
この日は雨降りということもあり、余計な労力を費消させられ、豊後竹田駅と宮地駅での撮影終了後はかなり疲労していました。
もはや車を運転する気力さえ萎えそうなくらいでしたが、何とか気力を振り絞り、次の撮影地へ向かいます。
そこは事前に撮影する予定を立てた場所で、事前確認までした場所でしたが、そうでなければ諦めていたかもしれません。
・・・それにしても、撮影に振り向けるこの労力の10分の1でも仕事に向ければいいのにと、自分のことながら、つくづくあきれ果てます(苦笑)。

(2010.06.18)


スポンサーサイト




Secret