2010.11.23(Tue):山口線(SL関連)

[ 山口線 津和野-船平山間 ]
やまぐちあすか(5)
前回の記事に書いていた通り、Kと交代で上り9522レを撮影に向かったLM。
「SLやまぐちなにわ号」の際は白井の里で撮影したので、本当は違う場所を選択したかったのですが・・・。
昼から出動したため、時間的にどこに行くか考える余裕がありませんでした(汗)。
また、主要な撮影地は大勢の“同業者”で占拠されていることが予想されます。
こうしたことから、やむを得ず、先週と同じ白井の里に向かいました。
白井の里ならば駐車スペースも確保されていますし、場所的にも多少の人数は収容できますから。
実際、LMの到着は相当遅い時間でしたが、スペース的にはまだ十分余裕がありました。
もっとも、見栄えのいい場所はほとんど押さえられていますけれども(ノД`)

やまぐちあすか(6)
という次第で・・・。
写した場所は少し違うものの、「SLやまぐちなにわ号」とほぼ同じアングルでの撮影です。
前回撮影した際も、この季節はカーブの入口付近がかなり陰になるなぁ、と思いましたが・・・。
今回も、やっぱり陰の部分が目立ちます(涙)。
まあ、そうしたデメリットを承知の上でここにしたのですから、仕方ないですけどね。
ちなみに、今度は露出設定を間違えずにすみました(苦笑)。

やまぐちあすか(7)

やまぐちあすか(8)
バタバタしてここまで来たせいもありますが・・・。
撮影していても、やっぱり「SLやまぐちなにわ号」の時ほどは感動しません
サロンカーなにわ」ほど思い入れがないというのももちろん理由のひとつですが・・・。
それ以上に、この客車は、SLには似合わない――そんな気がしたからです。
疲れた割には得たものの少ない、文字通り「骨折り損のくたびれ儲け」みたいな撮影行となりました(汗)。

(2010.10.16)


スポンサーサイト

Secret