2011.02.23(Wed):キハ58系

リバイバル急行「平戸」編

[ 松浦鉄道 たびら平戸口駅 ]

懐かしのキハ58+65(29)
リバイバル急行「平戸」の名称にも用いられている、観光都市・平戸

懐かしのキハ58+65(26)

懐かしのキハ58+65(27)
その玄関口であるたびら平戸口駅に、懐かしい国鉄色が帰ってきた。
この駅が国鉄色を迎えるのはいつ以来のことだろうか――。
再びこんな景色が見られるとは、夢にも思っていなかった。

懐かしのキハ58+65(30)

懐かしのキハ58+65(31)
平戸口駅」から「たびら平戸口駅」へと改称され、変わった点も多いものの、国鉄時代の印象を色濃く残す駅の構内。
昔からの純然たる塗装ではないけれども、懐かしい国鉄色であることに変わりはないキハ58・65。
国鉄時代から生き抜いてきた両者の、久方ぶりの邂逅――。
駅と列車両者に意思があったなら、どんな言葉を交わしていることだろう。




P.S.

懐かしのキハ58+65(28)
過去の写真を見ながら思ったことですが・・・。
もう、MR(松浦鉄道)に国鉄色が入ることは、多分ないのでしょうね。
ぜひ、もう一度、いやもう一度といわず何度でも、MRに入線してほしいのですが・・・。
某鉄道のように、MRが国鉄色の車両を買い取って、「急行」として走らせてくれたらいいのに――。
妄想ではありますが(汗)、そんなことをしみじみ考えてしまいました。
(MRでは、昔、たびら平戸口駅までJRの車両が快速として乗り入れていた事例もありますしね)

(2010.08.07)


スポンサーサイト

Secret