2011.06.08(Wed):鉄道旅行

北海道旅行記2011(1)
今回、北海道へは飛行機で向かうことにしました。
本当は列車にしたかったのですが・・・(-_-;)
時間的に無理過ぎた(汗)ので、やむなく飛行機を選択したのです。
その行程は・・・
①まず、福岡空港から羽田空港まで飛び、空港周辺で一泊、
②翌日、朝一番の飛行機で羽田空港から旭川空港へ向こう
・・・というものでした。

北海道旅行記2011(2)
ところが、慣れない飛行機の旅のせいか、ゴタゴタしたスタートになります( ̄▽ ̄;)
まず、福岡空港から出発する際、預ける荷物の重量がオーバーした総重量21kg!)のがケチのつき始め。
普通なら、飛行機に持ち込む以外の荷物は、無料で預かってもらえるもの。
ところが、LMの場合、制限重量(20kg)をオーバーしたせいで、余計な追加料金を払うハメになりました。
・・・ていうか、21kgも何を持って行ったんだよ、と突っ込まれそうですが(汗)。
だって、ねぇ( ̄▽ ̄;)
向こうは氷点下2ケタと聞いていたので、着替えはもちろん、重ね着するための服を多数持っておかねばなりません。
それに加え、メインとなる撮影機材は、カメラ2台+広角レンズ・超望遠レンズなどのレンズ類+三脚
・・・などなど、いろいろと詰め込んでいたら、そんな重量になってしまったのですよ(; ̄▽ ̄A
ともあれ、ようやく荷物を預けたら、今度は金属探知機が「キンコンキンコン」とモロに作動(汗)。
大勢の往来のある中、検査員からしつこく取り調べられました(ノД`)
そして、最もおバカな失敗は羽田空港での出来事。
ホテルから送迎バスで羽田空港に向かい、さて搭乗手続きをしようとチケットを出そうとすると・・・
ない!Σ(||゚Д゚)
チケットがどこにもありません。
慌てたLMは、カバンなどを徹底的に調査しますが、やっぱりどこにも見当たりません。
ホテルに忘れたんだ――!
そう思い込み、慌ててタクシーを拾ってホテルまで戻ったのですが・・・調査結果は「なし」。
飛行機の時間が迫っているというのに、チケットは見つからず、LMは体中から冷や汗が流れる気がしました。
そして、もうギリギリという時間になった時、念のためにともう一度カバンを漁ってみると・・・
間抜けなことに、昨夜着替えた服のポケットの中に入ったままになっていました←アホ
とんだ時間の無駄遣い(タクシー代も)です(-_-;)
何とか空港に戻り、出発直前、滑り込みセーフで飛行機に乗り込むことができました。

旅立ち(1)
こうした騒動はあったものの、何とか飛び立つことができました。
飛行機に乗るのはかなり久しぶりですが、たまには空の上から見る景色も悪くないものです。
でも、やっぱり、LMは慣れた鉄道の旅がいいと改めて思いました( ̄▽ ̄;)

北海道旅行記2011(3)
旭川空港着。
さすがに冷えています。
ただ、今年は九州でも-5℃を計測した事が多々あったので、それほど寒いとは感じられません。
とは言え、降り積もった雪の多さは、さすがに九州ではお目にかかれないものです。
しかし、1月に大雪の影響でかなり積もったと聞いていたのに、拍子抜けする程度の積雪しかありませんでした。
2月は暖かい日が多かったせいで、だいぶ融雪が進んだのでしょうね。

北海道旅行記2011(4)
空港からの連絡バスで、一路、旭川駅へ。
雪の量は少ないとはいえ、道はあちこち凍り、かなり怖い状態になっています・・・。
もちろん、バスは冬用の装備が施してあるようでしたが、それでも時々滑り、そのたびに冷や汗が出ます(汗)。
20分くらいで着く予定のはずが、実際には倍近い時間がかかりました。
まあ、こんなこともあろうかと、余裕を持った行程だったので大事にはなりませんでしたが・・・。
教訓・・・冬の北海道では、時間に余裕を持って行動しましょう(;´Д`)

北海道旅行記2011(5)
ようやく旭川駅に到着。
駅前には、可愛らしい雪だるまが多数並べられ、観光客をお出迎えしていました。
ここからいよいよ、鉄道での旅が始まります。


スポンサーサイト

Secret