2011.04.16(Sat):四季彩・筑肥線

桜紀行2011(17)
LMが仕事帰りに立ち寄る夜桜撮影は広範囲に及びます。
ここ、肥前久保駅も、そうした駅のひとつです。
この駅の夜桜は、あまり派手でなく、それほど知られてもいませんが・・・。
LMは、ここのささやかな夜桜が好きです。

桜紀行2011(18)
周囲に家はあるものの、至って静かな環境の肥前久保駅。
この時期は、桜と菜の花が咲き誇り、ささやかながら華やかな雰囲気になります。
関係ないですが、1台だけ止まっている自転車がいい味出しています。

桜紀行2011(19)
駅舎代わりの「さくら館」の脇に植えられた2本の桜。
小さい桜ながらも「さくら館」の主人と言っても過言ではないでしょう。
小さいものの、外灯に照らされたその姿には、夜桜が持つ妖艶な一面を十分に内包しています。

桜紀行2011(20)

桜紀行2011(21)

桜紀行2011(22)
まるで幻のように駆け抜けていく黄色い列車。
桜や菜の花ともよく似あい、夜桜の景色を彩ってくれます。
一方で、遅い時間にも関わらず、通勤通学と思しき人々が列車から降り立つ姿を見ると、ふと幻想から現実に引き戻されます。
家路に向けて、駅前の通路を黙々と急ぎ足で通り過ぎる人々。
桜の横を通り過ぎるそうした人々に、桜が「おつかれさま」と言っているような気がしました。

(2011.04.08)


スポンサーサイト

Secret