2011.05.22(Sun):鉄道写真

[ 土讃本線 大歩危-小歩危間 ]
GW四国旅行(1)
GW前半は風邪でダウンしていた(汗)LMですが・・・。
5月に入り、咳以外はほぼ回復したので、当初の計画に従い、四国まで旅に出ることにしました。
目的地は特に定めず、行った先で適当にいい所があれば撮影しようという、かなりいい加減(汗)な撮影行です。
もっとも、この時、少し無理したせいで、咳を余計こじらせてしまった可能性は否定できないのですが・・・。
ともあれ、前夜(5/2)の内にKの運転で四国に入り、朝からの撮影に備えました。

GW四国旅行(2)

GW四国旅行(3)
そんなだらけた旅行の最初の目的地が、土讃本線の大歩危-小歩危間です。
ここだけは、一応、事前に目的地として決めていたので、四国で最初の訪問先になりました。
この場所は、四国有数の景勝地大歩危峡を駆け抜ける列車を撮影できる好スポット。
そのため、鉄道写真の撮影地としても有名です。

GW四国旅行(3)
こんな山深い場所ではありますが・・・。
ここは、岡山・高松方面と高知とを結ぶ特急が頻繁に往来しているため、撮影対象には不自由しません(笑)。
というか、むしろ普通列車を見ませんでしたね(汗)
単行の普通列車がトコトコ行くところも、撮影対象としては悪くなかったのですが・・・。

GW四国旅行(5)
この日、たまたまですが、トロッコ列車の運転もあったので、ついでに撮影しました。
トロッコ形車両キクハ32形(+キハ185形)のトロッコ列車「おおぼけトロッコ」号です。
関係ない話ですが、「大歩危」と漢字で書くと別にどうも思いませんが、「おおぼけ」と平仮名で書くと、何だか人を馬鹿にしているみたいに感じるのは、私だけでしょうか?(苦笑)

GW四国旅行(6)
こうして大歩危峡を駆け抜ける列車を撮影するのも悪くはありませんが・・・。
列車の中から、それもトロッコ列車から見る大歩危峡も、なかなか迫力があっていいでしょうね。
橋の手前に差し掛かると大幅に減速し、ゆっくり大歩危峡を楽しめるようになっているようです。
お陰でこちらもゆっくり余裕を持って撮影できました(笑)。

(2011.05.03)


スポンサーサイト

Secret