2011.07.03(Sun):鉄道旅行

[ 石北本線 相内-留辺蘂間 ]
北海道旅行記2011(49)
LMが白滝付近で撮影している頃・・・。
Kは、留辺蘂近辺にいました。
昨年の北海道行きに続き、仕事の都合で今回も行きはLMに同行できなかったK。
ちょうどLMの行程を1日遅らせたような行程で旭川に入り、石北本線に向かいます。
当初は、遠軽辺りで昼頃に落ち合う、という考えでした。
しかし、せっかく別行動しているのに、同じ場所で撮影するのはもったいない――。
そこで、Kには別の場所で撮影してもらおうと思い、留辺蘂駅にほど近い撮影地に向かってもらいました。

北海道旅行記2011(50)

北海道旅行記2011(51)
太陽の眩い光を反射しながら、力強く向かってくる石北貨物・8072レ
Kの得意な縦構図で、ビシッと決めてもらいました。
何回見ても思うことですが、やはり雪原を走る貨物列車は、勇壮で美しい存在だと思います。

[ 石北本線 留辺蘂駅 ]
北海道旅行記2011(52)
この貨物は、留辺蘂駅にしばらく停車するので、大急ぎで駅に戻り、その雄姿をとらえることに。
しかし、長い編成の貨物列車はホームからはみ出しており、撮影するのが難しかったようです。
余裕があるなら、出発時を撮影したり、駅の外に出て撮影する道もありましたが・・・。
Kは、4665Dに乗車予定で、この列車は、8072レよりも先に出発するのです。
仕方なしに、DD51を中心に撮影しますが・・・。
ちょうどDD51の後ろに限って、コンテナがない状態なんですよね(苦笑)。
これでは絵にならない・・・。
ちょっと残念な思いを抱きつつ、Kは4665Dに乗車したのでした。

[ 石北本線 北浜駅 ]
北海道旅行記2011(53)

北海道旅行記2011(54)

北海道旅行記2011(55)
その後、網走駅で乗り換え、釧網本線北浜駅に降り立ちました。
北浜駅は、オホーツク海を間近に臨む駅です。
時期が良ければ流氷も見れるのですが、残念ながら少し時期を外したようで、この日は見れませんでした。
できればLMが行きたかったのですが、行程的に無理なので断念
代わりに、Kに行ってもらいました。

北海道旅行記2011(56)
暮れなずむ北浜駅周辺。
この画面に列車が入っていれば言うことないのですが・・・。
北浜駅到着後、すぐ折り返しの列車に乗ったため、残念ながら列車を入れての撮影はかないませんでした。
しかし、この夕景だけでも十分絵になるとは思います。

[ 石北本線 遠軽駅 ]
北海道旅行記2011(57)

北海道旅行記2011(58)

[ 札幌市内 ]
北海道旅行記2011(59)
そんなわけで、Kの撮影初日は終わりました。
この後、Kは網走から、LMは遠軽からそれぞれ「オホーツク8号」に乗車。
この日は札幌泊となりました。
いよいよ、明日は北海道滞在最終日です。


スポンサーサイト

Secret