2011.11.24(Thu):山口線(SL関連)

[ 山口線 長門峡~渡川間 ]
長門峡_DD51+C571(1)
前の記事で紹介した美祢線での撮影終了後、せっかくなのでSLも撮ろうと山口線まで足を延ばしてみました。
撮影場所は、以前、重連の際に煙が大暴れして失敗(?)した、山口線屈指の撮影地・長門峡です。
前回の結果が結果だったので、今度こそは!と意気込んでの撮影です。
重連の時は行列ができていた長門峡も、この日はスカスカ。
余裕を持って撮影地を確保し、SLを待ちます。
この日、人は少なめでしたが、隣の御同業者の方と話が弾み、待ち時間は楽しく過ごせました。
ちょっと遅いかなと思いましたが、さほど気にしてはいませんでした。
実際、それほど待たずに踏切が鳴り始め、SLの汽笛が聞こえてきます。
配置につき、カメラのレリーズを握りしめ、「さあ来い」と言わぬばかりに準備万端整えます。
ところが・・・。

長門峡_DD51+C571(2)

長門峡_DD51+C571(3)
やって来た列車をファインダー越しに見たらば、何と、DD51とC57の組み合わせ!∑(゚∀゚;)
「えっ、ナニコレ、そんなの聞いてない!」
突然の事態に、頭は大混乱、パニック状態(;゚∀゚)???
しかも、DD51が先頭に立つという編成でした。
普通、DD51が配される場合でも、C57の後ろにつけられるはずですが・・・。
まさかのDD51先頭配置で、SLはすっかり隠され、ヘッドマークも見えない始末。嗚呼orz
後で調べると、どうやらC57が不調だったため、急遽DD51が支援にまわったようです。
まあ、調べるまでもなく、およそそんな事だろうと察しはつきましたが・・・。

長門峡_DD51+C571(4)

長門峡_DD51+C571(5)
確かに前回DD51が好きと書いたLMですが、さすがにこのハプニングには凹みました_| ̄|○
せめて、DD51が後ろについていてくれたら、まだ良かったのですが・・・。
というか、どっちみちDD51の重連だった方が見栄えが良かったのでは、などと思ってしまいました。
まあ、これはこれで滅多にない見れない光景なので、後になればいい記念写真になるかもしれませんけどね。
それにしても、リベンジしようと思って来た撮影地で、まさかのリベンジ返し・・・(滝汗)。
まだ2回しか行っていませんが、既に長門峡はLMにとって鬼門と化しています( ̄▽ ̄;)
果たして、今後「三度目の正直」はなるのでしょうか・・・?
(「二度あることは三度ある」の方が確率高い気がするのですが・汗)

(2011.11.03)


スポンサーサイト

Secret