2012.01.19(Thu):廃線探訪

[ 高千穂鉄道 槇峰駅 ]
廃線・高千穂鉄道探訪(57)

廃線・高千穂鉄道探訪(58)
かつて、ここに鉄路があったことをわずかに示す、小さな道しるべ。

廃線・高千穂鉄道探訪(53)

廃線・高千穂鉄道探訪(51)

廃線・高千穂鉄道探訪(52)

廃線・高千穂鉄道探訪(54)

廃線・高千穂鉄道探訪(55)

廃線・高千穂鉄道探訪(56)
過去の光景を偲びつつ、在りし日の思い出を確かめるように、構内を歩く。
過去を振り返っても、そこから得るものなんてないのかもしれない。
そう思ってみても、思い出の中にある景色が消えていくのは、心に空洞が生じるかのような悲しみを誘うもの。
鉄路がない駅の構内は、そんな心を表すかのように、からっぽの景色に思えた。

(2009.10.31)

(2012.1.2)


スポンサーサイト

Secret